CINEMAチャンネル 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

『diner ダイナー』今年一番の...

『Diner ダイナー』



~あらすじ~
孤独な女性オオバカナコは、怪しいサイトのアルバイトに手を染めたことでどん底に陥り、とあるダイナーにウエイトレスとして売られてしまう。重い鉄の扉を開けると強烈な色彩が広がるその店の店主は、以前は殺し屋だった天才シェフのボンベロ(藤原竜也)。そこは、凶悪な殺し屋たちが次から次へと現れる、殺し屋専用のダイナーだった。(シネマトゥデイ引用)


以下 レビュー(核心のネタバレなし)

○作品について
『ヘルタースケルター』などの蜷川実花監督最新作!
独特な色彩感覚が印象的な写真家で、映画監督としては本作が三作目。小栗旬主演の『人間失格』も9月公開を控えていて、今攻めに出ている印象がある。
またご存知、演劇界 稀代の演出家で2016年に惜しまれつつ亡くなった、蜷川幸雄さんの娘ですね。
その蜷川作品に多く出演し、演劇のイロハを学び日本を代表する舞台俳優になった藤原達也が、今作で殺し屋専門ダイナーのシェフとして主演を務めるのが面白い!
また、女優やファッションモデルとして活躍する玉城ティナが転落人生の末ダイナーで働く事になったウェイトレスを演じています。

○ここから感想(ネタバレなし)

蜷川実花さん、写真家としては優れた方だけどやっぱり映画監督としてはどうなんだろう...
辛辣かもしれないけど、そんな印象がより強くなる映画でした。

日本映画のダメな所の真骨頂、状況を1から100まで説明するキャラクター像に始まり、肝心のキャラクタービジュアルもバックグラウンドの設定もとにかくダサい。
たしかに、一瞬一瞬のビジュアルは面白いなぁと感じる。
そうなんだけど、それが動き始めると...情報量が増えれば増えるほど人物は陳腐になっていくし、アクションと一連の動きとして観ると悪意を感じるレベルでダサい。
つまり、一瞬の画は良いんだけど、そこに時間方向のベクトルが加わると一気にしらける。
より長い時間で観ても、全体コーディネートが出来てなくて、キャラクターの魅力、世界観が冒頭をピークにどんどん小さくなっいく有り様。
正直今年一番...何度か立ちたくなった。

ただ何点か良い所はあって、最高だったのが犬の絹千代。
ビジュアルから最高で、パルムドッククラスのベストアクション!
また、窪田君演じるスキンの存在感も良かった。
これも結局はキャラクターデザインというより、窪田君の俳優力なんだけども。



5/10☆☆☆☆☆




ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ



  1. 2019/08/24(土) 12:17:51|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『天気の子』世界の行く末がどうであれ..

『天気の子』



~あらすじ~
高校1年生の夏、帆高は離島から逃げ出して東京に行くが、暮らしに困ってうさんくさいオカルト雑誌のライターの仕事を見つける。雨が降り続くある日、帆高は弟と二人で生活している陽菜という不思議な能力を持つ少女と出会う。(シネマトゥデイ引用)




以下 レビュー(核心のネタバレなし)

○作品について
前作『君の名は』で大ヒットを飛ばし、一躍日本を代表するクリエーターとなった『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』の新海誠監督最新作!
プロデューサー川村元気、音楽RADWIMPSとのタッグを前作から継続。
超協力体制に加え、新海監督自ら「賛否が割れる」と言った更なる新海ワールドが炸裂!


○ここから感想(ネタバレなし)
「何者でもない事に悩む少年少女が、この世界の裏側を自分達だけが知り、その世界との決着を通して自己意思を見つける」
いわゆる世界系と呼ばれる、新海監督のエッセンス。
前作『君の名は』では、その自己意識が世界の行く末とバランスが取れていた。(その上、そこに抜群の映像と音楽までもが完璧に同調し、全ての要素が同方向に一直線に加速していたからこその大ヒットである。)

迎えた本作では、自己批評のごとく、全く逆方向に舵をきる。
詳しくはネタバレになる為書かないが、世界の行く末と自分たちの決断が逆を行くことで、「そうだとしても..俺達は!!」な展開が、前作以上に自己意識のパワフルに肯定させる。
このバランスが、新海監督曰く「賛否がわれる」所であるが、決して彼等を責められない脚本のバランス感覚と、もはや力技な音楽×映像のドライブ感が合わさり、物語だからこそ肯定したいロマンチックな着地に感じ、前作より断然好きだ!

また周囲の大人の描き方も前進していて、本作が『君の名は』に比べてより味わい深くなっている。
少年少女の真っ直ぐで無謀な行動の横にいる大人達の、現実的な葛藤や喜びなど人となりがこっそりかつしっかり描かれているから、何処となく現実世界の湿った感覚を感じられるのかもしれない。

一方で作品に力技でドライブさせるような、音楽と映像の融合、一本のミュージックビデオのような全体コーディネートは前作同様に素晴らしい。
その中でも特出すべきは映像表現!
特に天気表現は滅茶滅茶綺麗で、間違いなく世界トップレベル。

そんな天気の映画を、この天気に右往左往する時期にこそ大スクリーンで見てほしい!



7/10☆☆☆☆☆⭐︎⭐︎




ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ

  1. 2019/07/31(水) 20:04:33|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『トイストーリー4』シリーズの枠組みを自らぶっ壊す!

『トイ・ストーリー4』



~あらすじ~
ある日ボニーは、幼稚園の工作で作ったお手製のおもちゃのフォーキーを家に持って帰る。カウボーイ人形のウッディが、おもちゃの仲間たちにフォーキーを現在のボニーの一番のお気に入りだと紹介。だが、自分をゴミだと思ってしまったフォーキーはゴミ箱が似合いの場所だと部屋から逃亡し、ウッディは後を追い掛ける。


以下 レビュー(核心のネタバレなし)

○作品について
2010年もトイ・ストーリー3から9年の時を経ての正式な続編となる本作。
もうそんなに!?てかあんなに綺麗に収めた3の続編なんて必要!?
ってのはさておき、大好きなシリーズなのでやはり期待せざる得ませんよ。
監督は、『インサイド・ヘッド』(☆8)で超秀逸な脚本を務めたジョシュ・クーリーを抜擢。
長編初監督ですが、実際は独自方式のチームピクサーで挑む為、大外れはしないはず。


○ここから感想(ネタバレなし)
おもちゃの幸せとは?
これまでのトイストーリーシリーズではそんなテーマを一貫して描いてきた。
中でも、遊んでくれる事、必要とされる事、更に子供の成長に寄り添う事にこそ、おもちゃの幸せがある事を前提としてきたように思う。
そんな中での『トイ・ストーリー3』の結末は、「主人が誰か」以上に大切なおもちゃの幸せの本質(だと思っていた物!?)を示し切った為、これ以上ない最高の結末になっていた。
実際めっちゃ泣いた...

そんな誰しもが満足していた結末に対して、本作では早々に裏切りが待っている。
前の持ち主アンディはおもちゃからの卒業はあったかもしれないが、あくまでウッディは大切な存在であり続けた。
しかし、現実は子供は古いおもちゃに飽き、戦力外にする事が往々にある。
今作で実は初めて、ウッディ自身がそんな状況に直面する。
だからこそのウッディの今作を通した振る舞いは胸に来るし、叫ぶウッディの言葉は泣けて来る...
これまでの「子供の成長に伴うおもちゃ自体の存在価値」ではなく、初めて個体としてのウッディの存在価値が揺らぐ。
そこから更に彼自身が、いや見てる我々も前提としていたおもちゃの幸せ=帰属前提の定義を覆す、ウッディの幸せ探し物語になっている。


わざわざ掘り返さなくて良い所掘り返して、新しく「幸せとは?」という前提を作り直してるんだから、賛否両論出るのはわかるしモヤモヤするのもわかるけど、自分はその前進ゆえのモヤモヤ含めて大いに肯定したい。
同じところに止まっていない、これこそピクサーだよなぁと改めて関心した。

新キャラ フォーディに関しても、おもちゃって何だろ...っ考えさせられるキャラ設定も見事。
何よりギャグに関しても最高で、フォーディのゴミの下りは当然、漫才コンビの掛け合いは最高でした!
そして毎回驚かされる(驚かされるのに慣れちゃって、もやは驚かないレベルなのが可愛そう)のが映像。特に今回は人形の質感。
不気味さとか古さとかの表現が見事で、この映像表現があっての物語にもなっている。



『トイ・ストーリー4 』
7/10☆☆☆☆☆⭐︎⭐︎






ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ
  1. 2019/07/28(日) 14:38:26|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

65『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

観てきました、モンスターヴァース版アベンジャーズ!

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』



~あらすじ~
神話の時代に生息していた怪獣のモスラ、ラドン、キングギドラが復活する。彼らとゴジラとの戦いを食い止め世界の破滅を防ごうと、生物学者の芹沢(渡辺謙)やヴィヴィアン(サリー・ホーキンス)、考古人類学者のアイリーン(チャン・ツィイー)らが所属する、未確認生物特務機関モナークが動き出す。
(シネマトゥデイ引用)



65/100⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)

○作品について

待ってました、ゴジラに加え、キングギドラ、モスラ、ラドンが登場するという胸熱なアッセンブル映画!!

2014年公開ギャレス・エドワーズ監督の『GODZILLA ゴジラ』から始まり、『キングコング:髑髏島の巨人』に続く、モンスターヴァース第三弾です。

監督には、『スーパーマン リターンズ』などの脚本のマイケル・ドハティを抜擢。

前作『GODZILLA』ではエメリッヒ版ゴジラとは打って変わってビジュアルと過去最大の千両役者(&人間の無力さ)っぷり含めて大満足させてくれたシリーズの続編という事で、期待大で鑑賞しました。


○ここから感想(ネタバレなし)

モンスターの実在感と迫力を存分に楽しませてもらえた前作の『GODJILLA』。
その直後に負けじと公開された日本製『シン・ゴジラ』も、別ベクトルの本家ゴジラの精神を引き継いだ素晴らしい作品なのは間違いないのですが...
キングコング、モスラ、ラドン... 彼らが出るとなれはわ、より見たいのはハリウッド版であり、そんな期待に答えるかのように、モンスタービジュアルがどれも最高of最高でした。

モスラの形態変化筆頭に、キングコングもラドンも全然外してないどころか、期待を上回る迫力のビジュアルで、そんな彼らの大決戦を堪能出来ただけで、十二分に価値があります。

また、前作に比べてモンスターの擬人化を明らかに進めており、モンスター同士の激突とその奥にあるストーリーにこそ、より楽しみを感じられるように作られています。

一方で、ストーリーの推進部となるはずの人間間のドラマがあまりに無茶苦茶で、大きなストレスでした。
恐ろしいぐらい感情移入できない家族ゲンカ、理解不能なな動機と、その後の意味不明な変化...
地球規模のモンスターバトルが怒ってる中で、ストーリーの中心としてそんなドラマを見せられても、世界観が小さくなり霹靂するだけした。

また、モンスターのフォルムは最高なんですが、戦いシーンが夜ばかりで相変わらず見にくく、昼のシーンを中心に見たかったです。

ストレスにならないストーリーと、昼の決戦!
次作ゴジラvsキングコングでは楽しみにしてます!!



ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ



  1. 2019/06/20(木) 23:22:29|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

90『スパイダーマン:スパイダーバース』史上最高のスパイディ達

アメコミin映画の大発明にして、完成度も極上の大傑作!

『スパイダーマン:スパイダーバース』



~あらすじ~
ニューヨークのブルックリンで名門私立中学校に通うスパイダーマンのマイルス・モラレスは、自分の能力をコントロールできなかった。ある日、時空がゆがめられた衝撃で、それぞれ異なる次元にいたスパイダーマンたちが集まってくる。
(シネマトゥデイ引用)








⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐︎⭐️⭐️
(90/100)

以下 レビュー(核心のネタバレなし)


○まずは作品について

いきなり、本作とは関係ないですが...
つい先日、ズートピアやシュガーラッシュで監督を務めたリッチ・ムーアが、ディズニーからソニーへ移籍する事が発表されました。
本作の出色の出来に加え、ソニー・ピクチャーズ・アニメーションの反撃ここに始まるって感じで、楽しみですね。

話を戻すと、
『レゴ・ムービー』や『21ジャンプストリート』のフィル・ロード&クリス・ミラーが製作主導、脚本を執筆し、ボブ・ペルシケッティら三人の共同監督で制作した本作。
ロード&ミラーがかなり細部まで関わってるって事で、案の定情報量が怒涛の勢いで襲いかかってくる、まあトンデモない映画になっていました!!



○ここから感想(ネタバレなし)

兎に角面白い!!!

複数のスパイダーマンが登場するアニメーション??
聞いた当初は、MCUにスパイダーマンが取られて、苦肉の策で出来る事を練り出してみました...
って印象で、正直期待してませんでしたが

ごめんなさい!!!

まず、大発明なのがアメコミの世界観をそのまま落とし込んだ映像に尽きるのではないでしょうか。
文字表記の効果音もろとも、アメコミの世界観×アニメならではのテンポ感とエモ表現で、怒涛の映像の洪水として溢れ出てきます。

また話題となっている複数のスパイダーマンの登場に関しても、一捻りも二捻りも練られています。
単なるキャラクターの融合に留まらず、絵のタッチレベルから多次元の世界観が融合していくビジュアルの作り込みには驚愕します。
またスパイダーマン映画では、「もういいよ...」感のある紹介パートですが、逆にその特性を活かすあえてループさせつつ多次元の旨味を足していくシーケンスが本当最高で最高。
ストーリーを進める毎に、旨味が後出し的に広がり無限にテンションがドライブしていきました。

肝心のストーリーは、初心者ヒーローであるマイルズが真のヒーローを継承する物語になっています。
「人と違う事」は与えられたギフトであり、それを活かしてヒーローになれるかは「勇気」で決まる。
勇気こそが、ヒーローになれるかの決め手になるという普遍的なメッセージは、とうの昔からスタンリーがアメコミに持ち込んだ価値観なんですよね...
特にスタンリーが亡くなった今、改めて彼の偉大さを噛みしめる事ができる一作でもあります!



ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ




  1. 2019/04/15(月) 00:35:43|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ