シネマ・ジャンプストリート

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

☆8『ノマドランド』前評判、大納得の傑作

雄大な大地と、あらゆる人生。

『ノマドランド』



~あらすじ~
アメリカ・ネバダ州に暮らす60代の女性ファーン(フランシス・マクドーマンド)は、リーマンショックによる企業の倒産で住み慣れた家を失ってしまう。彼女はキャンピングカーに荷物を積み込み、車上生活をしながら過酷な季節労働の現場を渡り歩くことを余儀なくされる。現代の「ノマド(遊牧民)」として一日一日を必死に乗り越え、その過程で出会うノマドたちと苦楽を共にし、ファーンは広大な西部をさすらう。
(シネマトゥデイ引用)


7/10★★★★★☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
アカデミー賞受賞最有力、いや決定的となっている作品。監督は『ザ・ライダー』で一躍注目を浴びたクロエ・ジャオ。次作はMCUの『エターナルズ』を監督する、今ハリウッドで最も注目される監督です。主人公となるノマドの女性ファーンを演じるのはフランシス・マグドーマンド。この時点で絶対面白い。こちらも、アカデミー賞主演女優賞有力視されていますね。また、実際にノマドとして生活する人たちが出演するなど、かなりドキュメンタリー寄りの実験的作品でもあります。

オスカー最有力も大納得の傑作!

ノマド=車生活をおくる放浪者となったフランシス・マグドーマン演じるファーン。本作は雄大な大地の中で自らの人生を見つめ直す彼女が、同じくノマドである他者との会話や触れ合いを通して、様々な事が見えてくる作品になっています。

その一つが、ノマドを生むアメリカ社会の現状です。
ファーンが様々な人物と交流する中で、会話ややり取りから彼らの人物像が見えてくるんだけど、その奥にアメリカや現代消費社会が抱える様々な背景がうっすら見えてくる構図になってます。彼らノマドのバックグラウンドは一概には定義できないんですよね。ベトナム戦争、リーマンショック、競争社会での心の傷、明確な背景のない人もいる。また帰る家がある人もいればない人もいる。そんな様々な人生と現実を、悠々と広がる大地の美しさと対比しながら、見守るような視点で描かれていきます。

そしてまた他者とのを通して見えてくる、ファーン自身のノマドになった経緯と心の奥底に抱える感情も、とてつもなく心に染み渡るものになっています。作品を通して彼女へは寄りのショットが多用されており、そこでの表情の変化ってのが本当印象的で、語らずしも彼女の内心が伝わる事で、彼女の人生全体をどしっと受け止めるような心持ちになり、その上でのラストの感情の吐露に涙が止まりませんでした。

この映画は、都会部は殆ど映らずに、壮大な自然の中でのみ描かれていきます。そんな風景はあまりに美しく、ノマドの人達の「さよならは言わない。この生活を続けるといつかまた会えるから」という人生観であり死生観とも重なって、風景を観るだけで涙が出てきます。

自然と表情から、人生が重量感を持ってが伝わり心に染みる。

オスカーとっても、当然の大納得です!!

ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ



  1. 2021/04/06(火) 23:52:22|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆8『騙し絵の牙』組織の居心地の悪さと掻き乱す痛快さ

組織内対立の居心地の悪さと掻き乱す痛快さ

『騙し絵の牙』



~あらすじ~
大手出版社の薫風社で創業一族の社長が急死し、次期社長の座を巡って権力争いが勃発する。専務の東松(佐藤浩市)が断行する改革で雑誌が次々と廃刊の危機に陥り、変わり者の速水(大泉洋)が編集長を務めるお荷物雑誌「トリニティ」も例外ではなかった。くせ者ぞろいの上層部、作家、同僚たちの思惑が交錯する中、速水は新人編集者の高野(松岡茉優)を巻き込んで雑誌を存続させるための策を仕掛ける。
(シネマトゥデイ引用)


7/10★★★★★☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
先日映画化もされた「罪の声」などの塩田武士の同名小説を原作に、『霧島、部活やめるってよ』の吉田大八監督がメガホンを撮ります。また原作において大泉洋に当て書きされた編集長を、映画化にあたっても実際に大泉洋が熱演。実質主人公となる新人編集者を、松岡茉優が演じるほか、佐藤浩一や國村隼、池田エレイザ、木村文乃らが脇を固めます。

本作は予告やポスターから印象を受ける、「どんでん返し」が軸にある映画ではありません。
出版社内での保守派と改革派の対立構図に、どの業界にも通ずる居心地の悪さがあり、その中で出版業界ならではの問題点と論点が存在する、その構図がめちゃくちゃ面白い。保守派の良く言えば文化保護的で悪く言えば文化を殺しかねない固定概念的な思想。改革派の良く言えば時代迎合的で悪く言えば文化を衰退させ得る資本迎合的な思想。それぞれの利点と欠点が見え隠れするバランスと、その中で組織論の外にいる新人編集者の高野(松岡茉優)が狂言回しとなる事で社内抗争のバカバカしさまで感じ取れる画面作りが最高でした。

そんな批評的な背景の中でかき乱す、大泉洋の大泉洋たる機能の仕方がまた絶妙。彼の掴みどころのない駆け引きが、場を掻き乱したり、はたまた掌を見せず予想外な一手を繰り出したり...この映画をエンターテイメントに昇華させます。
社会批評性とエンタメ性が高次元でミクスチャされる、吉田大八監督恐るべしだなと。

また、ある登場人物が編集長速水の「利用すれば良い」という言葉を、自らの方法で実践してしまうラストはよかったです。方法論だけでなく、出す答えも素晴らしく、未来を創るベクトルは一つじゃないだなって。

更に今回改めて、吉田大八監督のキャラクターの描き方が本当好きだなと感じました。エンタメ映画なのに、明らかな悪役がいない。あくまで考え方の違い、時代への適合性など、組織にとっての正しくなさなだけで、人間としては否定しない人物の写し方が素敵なんです。

池田エレイザも最高でしたね...

社会批評性がありつつ、エンターテイメントとしてど真ん中に面白い映画、おすすめです!!


ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2021/04/03(土) 00:08:18|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆7『モキシー ~私たちのムーブメント~』

おかしな事にはおかしいと!

『モキシー ~私たちのムーブメント~』




~あらすじ~
16歳の内気な女子高生・ヴィヴィアン(ハドリー・ロビンソン)は、男子生徒たちの好き勝手な言動にうんざりしているが、反論することもなく目立たぬように過ごしていた。しかし嫌がらせに屈しない転校生(アリシア・パスクアル=ペーニャ)や、反骨精神あふれる青春時代を送った母(エイミー・ポーラー)に影響され、彼女は校内の性差別などを問題提起する冊子「モキシー」を匿名で発行。すると、その反響は彼女の予想を超えて学校中に広がっていく。(シネマトゥデイ引用)


7/10★★★★★☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
Netflixオリジナル作品。ジェニファー・マチューの小説を、『シスターズ』などコメディ畑で活躍する女優エイミー・ポーラー監督で映画化。彼女の監督デビュー作『マインカントリー』につぎ、再びNetflixとのタッグです。
新生ハドリー・ロビンソンが主演を務め、『ブックスマート』などのニコ・ヒラガらが脇を固めます。

既存の枠組みに囚われがちな中、「おかしな事にはおかしいと」声を上げた事がきっかけで、学園内にムーブメントが広がる爽快感に満ちた良作。

本作は、都会から引っ越してきた転校生が、スクールカーストの中で女性が理不尽に搾取され、それが保守的に成り立つ学校に対し、声をあげることにより、主人公が感化され、そして自ら行動に移す中で成長をする物語になっています。まずは声をあげる事での成長、更に自らの行動に責任を持てるようになるまでの成長...周囲を巻き込みながら二段階で成長を踏む構成が、保守的圧迫からの意思のある開放につながり、カタルシスが爆発していきます。

一方で、現代的な学園ヒエラルギーを描く傑作『ブックスマート』後だと、人物造形と対立軸が画一的に見えてしまうのが残念な所です。
ただ、作中で保守的な田舎街だと強調されており、ラストの大団円シーンも多様性に目配せしていたりもするので、作り手も配慮はしているのかなと思われ、ぎりぎり不快にならないようには出来ています。

そんな中、多分観た人全員が全員「良き!」となるのが、主人公が恋に落ちる少年を演じるニコ・ヒラガ。
そう、彼『ブックスマート』でもスノボー少年として出てきてるけれども、今作はガッツリと。しかもスノボーシーンも惜しみなくあります。親しみが持て、なおかつ人を応援できるナイスガイで、最高でした。

ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ





  1. 2021/03/29(月) 10:12:55|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆7『ミナリ』家族で生きていくという事

家族で生きていくという事

『ミナリ』



~あらすじ~
1980年代、農業で成功したいと意気込む韓国系移民のジェイコブ(スティーヴン・ユァン)は、アメリカ・アーカンソー州に家族と共に移住。広大な荒地とおんぼろのトレーラーハウスを見た妻は、夫の無謀な冒険に危うさを感じる。一方、しっかり者の長女アンと好奇心豊かな弟デビッドは新天地に希望を見いだし、デビッドは口の悪い破天荒な祖母とも風変わりな絆を育む。しかし、干ばつなどのために窮地に立たされた一家をさらなる試練が襲う。(シネマトゥデイ引用)


7/10★★★★★☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
『君の名は。』実写版監督予定で注目の韓国系アメリカ人のリー・アイザック・チョンが監督を務める本作。『バーニング』のスティーヴン・ユァンが一家の父親を演じ、ハン・イェリ、ユン・ヨジョンが家族の一員として脇を固めます。
また、話題の映画スタジオA24とブラッド・ピットの制作会社プランBがタッグを組み、賞レースでも『ノマドランド』の対抗馬として多くの賞を受賞するなど、注目の作品です!

1980年代のアメリカを舞台に、韓国系の移民家族が、都会部から田舎へ引っ越してくる所から映画が始まります。半ば強引に農業での成功を夢見て家族を連れてきた父と、家族を支える母、そして韓国から助けに来た祖母を、終始子供の目線で捉え続けるのが非常に印象的です。
というのも、この映画は監督自身の経験を元に描いており、その視線が作中の少年の視点に重なって撮られていく訳ですが、同じく監督者自らの経験を元にした映画『ROMA』のように、登場人物達に寄り添うようや味わいがあります。そしてそんな少年目線での寄り添い方が、アメリカという国の成り立ちを考えた時に、韓国語の映画であるのに関わらず、近しい背景を持つ多くのアメリカ人にとってのパーソナルな映画になっています。

寄り添いの視点で写される家族の中、中心にいるのが父親とお婆ちゃんになります。まずこの父親、自分の夢に家族を巻き込んでいく迷惑なタイプの父親で、最初は強気に家族に夢を語っているのですが、農業での歯車が狂いだし、次第に引くに引けなくなっていく...そんな居た堪れなさが本作の一つの魅力になっています。
そして、何よりお婆ちゃんのキャラクター。アメリカの都会で育った子供達にとっては、韓国の田舎からやってきたお婆ちゃんの行動は、余りに不可解です。そんな子供達の目線同様、奇妙とお茶目の絶妙なラインで写さるお婆ちゃんは、めちゃくちゃ魅力的で、映画の推進力になっていきます。

このお婆ちゃんと子供達とのカルチャーギャップが、結果的に物語を大きく動かしていく事になります。
一見すると、お婆ちゃんの「ある行動」が家族にとって最悪の事態を引き起こしたように思えるのですが...見方を変え、「家族の物語」として捉えた時には、決してそうではありません。
お婆ちゃんがもたらす結末は、同じくお婆ちゃんが持ち込んだ『ミナリ』(=セリ)と重なり、どんな場所でも逞しく生きるであろう、この移民家族のこれからを言い当てている、そんな結末が素晴らしかったです。

この映画の素晴らしさは分かる反面、日本人感覚だと、少しこの映画の人物の動機(農業に夢を見たり、そこについていく家族の感覚とか)が飲み込みずらいかなとは感じました。


ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ

  1. 2021/03/29(月) 00:57:03|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆8『明日への地図を探して』奇跡の瞬間を集めよう

タイムループ映画の新たな傑作!

『明日への地図を探して』



~あらすじ~
タイムループにはまった2人の若い男女を描いたSF青春ドラマ。同じ1日を繰り返している青年マークは、その理由も抜け出す方法もわからず、永遠と続く平凡な日常に飽き飽きしていた。そんなある日、見慣れた風景の中に見知らぬ同年代の女の子を発見する。声を掛けてみると、その女の子マーガレットもマークと同じくタイムループにはまっていることが判明。初めて話題を共有できる相手を見つけて喜ぶマークは、街で起こる小さな“奇跡”を彼女と一緒に集め始めるが……(映画.com引用)

8/10★★★★★☆☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)

アマゾンオリジナル作品、Prime Video配信作品。
『シエラ・バージェスはルーザー』のイアン・サミュエルズが監督。主演はオール・マイ・ライフ」のカイル・アレンと「名探偵ピカチュウ」のキャスリン・ニュートン。

なにこれ、めちゃくちゃオモロー。

ある1日から抜け出せない...そんはタイムループにハマりながらも、自分の中の楽しみを見つけ日々を過ごしていたティーンエージャーのマークが、どうやら同じ境遇っぽいマーガレットに出会う事で、日々が一転する物語をマーク視点で描いていく。
同じ境遇で距離が近づいていく2人だが、どうもマーガレットは訳ありで、ある時間になると毎日必ず姿を消す。マークはそんな彼女を元気づけ、タイムループの時間に意味を持たせる為、この1日に転がる様々な「奇跡の瞬間」を集めるにいくのだが、このシーケンスが最高にエモい。
退屈に見える1日の中に、実はこんなにも輝かしい瞬間がわんさか転がってんだと、日常の尊さを見せつつけてくれる。

次第にマークがマーガレットに恋心を抱いていくのですが、それがタイムループの中での恋愛を描く「恋のデジャ・ブ」みたいだなと思っいると(作中でもしっかり引用)、この映画はマークの恋愛物語に終始せず予想を超える角度で着地します。マークが家族やマーガレットと向き合いながら成長する事で、彼自身の目線を通して今まで見えていなかった事、つまりはこの物語(タイムループ)の仕組みが見えて来るという構図には驚いたし、その物語構造がもう本当心揺さぶられました。

そもそも、冒頭シーンから最高OF最高。
とある1日に囚われている彼の状況、つまりこの世界を何度も経験済みだという事が、周りの人間より先回りする超絶気持ち良い映像シーケンスで表現される。もうその時点で心は掴まれました。

日常の尊さという、タイムループ物の定番エモシーンを120点で抑えつつも、その先の視点の転換まで見せてくれる、新たなタイムループ映画の傑作。

オススメです!!!

ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ

  1. 2021/03/16(火) 17:32:34|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ