シネマ・ジャンプストリート

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

☆9『さかなのこ』

『さかなのこ』



~あらすじ~
毎日魚を見つめ、その絵を描き、食べ続けても飽きないほど魚が大好きな小学生の“ミー坊”。わが子が少々変わっていることを父親が心配する一方で、母親は彼を温かく見守り応援している。高校生になっても相変わらず魚に夢中なミー坊は、町の不良とも仲が良く、いつの間にか周囲の人々の中心にいるのだった。やがて、一人暮らしを始めたミー坊(のん)はさまざまな出会いを経験し、自分だけが進むことのできるただ一つの道を突き進んでいく。
(シネマトゥデイ引用)




9/10★★★★★☆☆☆☆

以下 レビュー(ネタバレなしです!!)

【作品背景】

魚類学者でタレントの「さかなクン」が、自身の幼少期や、魚との出会い、友人との出会いを語ったエッセイを元に、彼の「半生」を捉える「伝記映画」の形に仕立てられた本作。

監督を務めるのは、名作『横道世之介』や『子供はわかってあげない』などでお馴染みの、沖田修一監督!
大好きな監督の1人で、酸いも甘いも含んだ日常をコミカルに包んで「にっこり微笑みかける」 唯一無二の空気感のある映画を撮る監督さんです。
本作でも、一面的ではなく、「ドライな事実」を無茶苦茶しっかり捉えてるんだけども、それを含めて愛おしさが支配する、沖田修一監督らしさが全開で、その辺りを後ほど語っていきます。

また本作、注目を集めた点としては、「さかなクン」を、『あまちゃん』や『わたしを食い止めて』の、のん(能年玲奈)が演じている点です。
性別が違う人が演じるというのを、この作品はどう扱っているのか...此方もまた後述します。

また、のん以外にも、柳楽優弥や夏帆、磯村優斗など、実力派の役者さんが脇を固めています。



【感想(ネタバレなし)】


いやー無茶苦茶良かった...

「さかなクン」=「ミー坊」の圧倒的な魚への愛、「好き」を如何にして貫いて、「好き」が如何にして今の立場を気付き上げたのか...それを幼少期からのエピソードを通して追っかけていく映画になっています。

本作、特に学生時代までの前半が顕著なんですけど、非常にコミカルに進んでいくんですが、そのコメディ要素がまずめちゃくちゃ面白い。

ミー坊を中心に、個々の「感性の違い」と、そこに生まれる「勘違い」や「気まずさ」を、一歩引いた客観的な目線から、絶妙な間で切り取る、そんな沖田監督のコメディセンスが至る所に散りばめられていて、ずっとニヤニヤして見てられる、そんな映画になっていました。


ただ、この映画、ずっと違和感があって...

例えば、ただ地方のヤンキーの描き方が、コメディに寄せすぎてる、作品にとって、ミー坊にとって都合良すぎる...

そもそも、「好き」を貫く事が、「成功」につながるって、綺麗事過ぎないか...

「好き」を貫くミー坊の、キャラクター性やアイデンティティが、「成功」に繋がる理由として強引に物語を進めるのかな...と思って見ていると...

まさかまさかのミー坊にとって「都合良すぎる」と表現した、他者に依存する所という要素が、益々立ってきて、そこへどんどん暖かい目線が向けられていく。

つまり、【人を活かすも殺すも人】というメッセージの下で、さかなクン側の視点による、「さかなクンをさかなクンたらしめた」周りの人への感謝のラブレターのような映画になっていました。

そしてさらに凄いのは、それを強調するかの如く、「好きを貫いても成功出来ない人」や、「好きが無くて、何かにしがみつくしかない人」など、万人がさかなクンみたいになれる訳ではないという、めちゃくちゃドライな視点も含まれるんですよね。

ゆえに、「自分を貫く事」を是とする理想の第三者目線の映画ではなくて、それを貫けるかはある意味「運」で、「他者に寄る所」が大きい事をしっかり認めてるのが無茶苦茶伝わるさかなクン目線の映画になってるのが、すげぇ良いなって思ったし、だからこそ心震えました。


また、今回さかなクンを性別が異なる「のん」が演じた点について、物語の中に一つのテーマとして「性別」が描かれ関連づけられるのかな?と思っていたら...

「性別」いう要素が物語の中で全くフォーカスされてません。

つまりこの映画のは更に一つ上のステージに立ってて、「性別の選択に、理由なんて必要ないでしょ?本質が描かれれば別にどっちだって良いでしゃ」という距離感で扱っていて、この距離感がめちゃくちゃ良いなと感じました。


沖田監督の代表作がまた増えました!
オススメです!!
  1. 2022/09/13(火) 19:35:59|
  2. 2022年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆6『ソー:ラブ&サンダー』

『ソー:ラブ&サンダー』



~あらすじ~
壮絶なバトルの末、宇宙に旅立ったソー(クリス・ヘムズワース)は、すっかり戦いから遠ざかっていた。ある日、神殺しをもくろむ強敵ゴア(クリスチャン・ベイル)が出現し、ソーと新たに王となったヴァルキリー(テッサ・トンプソン)が応戦するものの、ゴアの前に全く歯が立たなかった。そこへマイティ・ソーのコスチュームをまとったソーの元恋人ジェーン(ナタリー・ポートマン)が現れ、ソーとヴァルキリーに協力する。
(シネマトゥデイ引用)




6/10★★★★★☆

以下 レビュー(ネタバレなしです!!)

【作品背景】

『アベンジャーズ』シリーズなどマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の29作目になる本作。

北欧神話の神をベースにしたヒーロー、「マイティ・ソー」の単独作としては、ユニバース中最多の4作品目となるのが本作です。

前作『マイティ・ソー バトルロワイヤル』が2017年に公開されて以来の単独作で、MCUアッセンブル作品であり一つの集大成であった『アベンジャーズ/エンドゲーム』後、いわゆるフェーズ4の作品としてははじめての作品です。

監督を務めるのは、『マイティ・ソー バトルロワイヤル』に引き続き、タイカ・ワイティティ監督。
『ジョジョ・ラビット』でオスカーの候補に入るなど、ハリウッドでも注目されている監督で、重たいテーマや背景の中でドタバタコメディをする作品が多く、『ジョジョ・ラビット』では戦時下の子供の空想を題材にする事で、コミカルにする程辛いという、多層的な傑作を生み出しました。

前作、『マイティ・ソー バトルロワイヤル』では、北欧神話を地でいく馬鹿っぽさをコミカルに描きつつ、それを突き抜けるとめちゃくちゃ上がるって所と、「国とは!?」という問いかけを突き抜ける所が連鎖して、非常に良かった。

また本作は、2013年のダーク・ワールド以来に、ナタリー・ポートマンが、ソーの元カノ、かつ女版マイティ・ソーとして帰ってくるのも、大注目でした。




【感想(ネタバレなし)】


本作は、前作のバトルロイヤルやアベンジャーズ インフィニテ・ウォーや、エンドゲームを通して、色々なものを失ってきた、守るべき者を守れず、「神」としてのアイデンティティを喪失しているソーが、自分探しに出るところから始まります。

そこに絡んでくるのが、全知全能の神であるゼウスを中心にした「神々」と「神々に裏切られた者」で、その3社の関係性の描き方が抜群、最高でした。

本作の「神々」は、これまで宇宙の危機に対して何もしてくれなかったという疑問を見事に還元していて、「人類は手段」として利用するし見捨てるし、利己的なかなりクズなキャラクターで描かれます。

一方で、そんな「神」を信仰して、生涯を捧げた結果、飢餓に苦しみ最愛の娘を亡くした上、そんな神の最悪な姿を目撃する事で、「神々」への復讐、神殺しを誓うのが、クリスチャン・ベイル演じるゴアです。

つまり主人公が「神」の1人であるソーであるが故に、「神殺し」のゴアが物語上のヴィランの立ち位置になるんですが、「神々」の言動があまりに最悪で、見方によってはゴアが「神々」から人類を解放するヒーローにも見えるのが、この複雑な関係性がフレッシュで良かったですし、それを体現するクリスチャン・ベイルの演技も素晴らしかったと思います。

そんな相対化された最悪な「神」と「神に裏切られた者」が敵対する中で、「神」なんだけど「神」としてのアイデンティティを喪失しているソーが、「ラブ」を持って人助けをする事で、立場が決める「神」ではなく、行動が決める「ヒーロー」としてのアイデンティティを背中で示す構図が凄い良かったです。


そんな神を相対化する事から始まる話であり、神に裏切られた者の背景や、ソーが背負ってる者含めて、いくらでも重厚にできるけど、それをオフビートギャグ全開で軽くして、めちゃくちゃライトでポップな映画にしてしまうのはワイティティ監督節。

なんですが、、、

本作はストーリー推進と、オフビートギャグが完全に分離していて、そのバランスが余りに悪く、ストーリーが度々止まる感覚に苛まれ、乗れませんでした。

ストーリーの抑揚をコントロールしながら、流れの中で効果的にユーモアを散りばめて、それがキャラクターの魅力にも蓄積され、アクションの爆発力を高めたり、感動にも繋げるのが、『ガーディアンズ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督なんかは凄い上手いんですが、本作は間の悪さに直結して、「何の時間なんだ...」と感じる事が、あまりに多かったですね。

壮大な設定に対して舞台が限定される事も含めて、悪い意味で二次創作感が目立ってる映画になってるなと感じました。

だだ、そういった間の悪さを全く感じず、壮大でポップな映画としてかなり楽しめたって方も多くいて、評価は二分している印象なので、是非見て頂いて感想を教えて頂ければなと思います。


  1. 2022/07/12(火) 19:53:25|
  2. 2022年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆8『リコリス・ピザ』

『リコリス・ピザ』



~あらすじ~
1973年、ハリウッド近郊のサンフェルナンド・バレー。子役として活動する高校生のゲイリー・バレンタイン(クーパー・ホフマン)は、ある日学校にやって来た写真技師アシスタントのアラナ・ケイン(アラナ・ハイム)に一目ぼれする。「運命の出会いだ」と告白してくるゲイリーを、年上のアラナは相手にせず受け流す。その後、食事をするなど共に過ごすうちに二人は距離を縮めるが、ふとしたことですれ違ったり、歩み寄ったりを繰り返していく。
(シネマトゥデイ引用)





8/10★★★★★☆☆☆☆

以下 レビュー(ネタバレなしです!!)

【作品背景】

『ブギーナイツ』、『マグノリア』、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、『ザ・マスター』などのポール・トーマス・アンダーソン監督による最新作。

若くして世界三大映画祭全てで監督賞を受賞した巨匠の最新作で、いわゆるボーイ・ミーツ・ガールの青春映画になります。

本作の監督、ポール・トーマス・アンダーソン監督は、作家性も強くて、非常にファンが多い監督でもあります。

個人的に捉える彼の作品の特徴ですが、一つはキャラクターの写し方にあるのかなと思っています。

人間の未熟さやそれを隠すが故の空虚さや嘘っぽさを、付かず離れずの距離感で見守る撮り方をする事によって、悲劇と喜劇の絶妙なバランスで人を生々しく映し出す事が非常に優れていて、そんな登場人物が作る物語として、映画の魅力を引き立たせます。

また、行き当たりばったり的なキャラクターの行動を起点にしたストーリテイリングにも特徴をもち、ストーリーの向かう先が分からない、のらりくらり進んでいく所も特徴の一つなのかなと思います。

後は、長回しを活用した独特のカメラワークや、70年代や80年代の時代性やカルチャーをビビットに捉りこむセンス含めて、ポール・トーマス・アンダーソン節と言えるのかなと思います。

そんなポール・トーマス・アンダーソン監督は、彼の作品によく出演するお馴染みの俳優を起用する事が多いのですが、本作はそういった演者は豪華に脇を固めて、アラナ・ハイムとクーパー・ホフマンのフレッシュな俳優がダブル主演で青春劇を演じます。

特にクーパー・ホフマンは、監督の作品によく出ていて46歳の若さで亡くなったオスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンさんの息子という事で、かなり注目されています。



【感想(ネタバレなし)】


ポール・トーマス・アンダーソン監督の、そういったのらりくらりとした作風が、個人的にはあまりアジャストしてこなかったんですが、本作はかなり好きな映画でした。

というのも、ボーイ・ミーツ・ガール物という事で、のらりくらりの中でも向かっていく方向というのは明確で、彼の過去作の中でもかなり見やすい作品になってるとは思います。

とはいえ、だだのティーンエイジャーすれ違い恋愛物と思うなかれ。

本作は、25歳アラナと15歳ゲイリーの約10歳の歳の差の恋愛で、2人ともかなりクセあり、訳ありなんですよ。

特に25歳のアラナは、自意識が非常に強く、中身が伴わないのに外見的要素に惹かれて影響を受けて勘違いして、結果うまくいかなければ周囲に当たるという、子供っぽさ、未熟さを非常に感じさせる女性です。

逆に15歳のゲイリーは、イケイケなビジネススキル、もっというと実行するスキルは天才的で、年齢不相応な要素をもっています。

ただ、そこにある思慮深さや、想像力なんかは、年齢相応で、そのギャップが問題を起こしたりなんかもします。

そんな2人の年齢不相応な部分や、年齢相当の部分、この両面により、ありあない歳の差の恋愛を成り立たせたり、逆に遠ざけたり、右往左往する恋愛関係を絶妙に成り立たせてて、面白いなと思いました。


そんな2人、あるいは何方かの感情に寄り添うように撮られる訳ではなく、少し引いて傍観者のような立場から見守る視点で撮られています。

だからこそ、すれ違いを生む行動の一つ一つの未成熟さが際立ち、生々しくて痛々しい、それでいて可愛らしい...こんな恋愛、めんどくさい...けも何処か懐かしいなと思わせてくれる映画になっていました。


本作も70年代の街並みやファッション、音楽、映画を含めたカルチャー、ゲイリーのビジネスに使うキーアイテムのチョイスなど、時代の雰囲気を捉えるセンスは、流石だなと感じました。

そのあたり、タランティーノの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』と地繋ぎ感はすごく感じました。

また本作の出演者、豪華な俳優陣など総じて良かったんですが、中でも初長編映画で主演のアラナ・ハイムさんの、実在感はめちゃくちゃ良かったです。

ポール・トーマス・アンダーソン節を浴びながら、見やすい映画になっていて、入門作品として最適な作品なんじゃないかと思います。

おススメです!!
  1. 2022/07/06(水) 13:54:20|
  2. 2022年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆9『ベイビー・ブローカー』

『ベイビー・ブローカー』



~あらすじ~
クリーニング店を営む借金まみれのサンヒョン(ソン・ガンホ)と、「赤ちゃんポスト」がある施設に勤務するドンス(カン・ドンウォン)の裏の顔はベイビー・ブローカーだった。ある晩、二人は若い女性ソヨン(イ・ジウン)が赤ちゃんポストに預けた赤ん坊をひそかに連れ去る。翌日考え直して戻って来たソヨンが赤ん坊がいないことに気づき警察に届けようとしたため、サンヒョンとドンスは自分たちのことを彼女に告白する。





9/10★★★★★☆☆☆☆

以下 レビュー(ネタバレなしです!!)

【作品背景】

『万引き家族』や『そして父になる』『誰も知らない』などの是枝監督の最新作です。

言わずも知れた日本を代表する映画監督の1人で、本作でもカンヌ国際映画上で主演男優賞とエキュメニカル審査員賞をダブル受賞し、長く高く評価され続けています。

本作のひとつの特徴として、スタッフからキャスト、ロケ地、資本含め、完全韓国の映画産業システムの中で製作されました。

是枝監督の一本前の映画が、「真実」ってフランス映画で、近年かなり積極的に海外に出て映画制作に励んでいます。

そもそも映画の作り手を支援し、育成するシステム含めて映画産業の規模が、フランスは当然、韓国も日本より圧倒的に大きくて、そういった環境に身を置く事で、一つは異国の文化を映画に取り込む事で新しい物を出せるのではないかと言う所と、映画産業自体の在り方を体感するという意味も含めて、積極的に海外で撮っているみたいですね。

本作かなり多面的な描かれ方をするため明確な主演っていうのはいないんですが、主要人物として『パラサイト』などでお馴染みの韓国を代表する俳優ソン・ガンホ、『新感染半島』などのカン・ドンウォン、『空気人形』などのペ・ドゥナ、IUとして活動するシンガーソングライターのイ・ジウン、『野球少女』などのイ・ジュヨンが出演しています。



【感想(ネタバレなし)】


常にいろいろな角度から家族とは、もっと言うと生きる上での生活基盤における人と人の繋がりとは...って言うのを問い続けてきた是枝監督ですが、また新たな傑作を生み出してくれました。

本作はどういった角度から切り込んだかというと、「赤ちゃんポスト」と「人身売買」という非常に重たいテーマを扱っていきます。

なんですが、イ・ジウン演じる赤ちゃんを捨てた母と、ソン・ガンホなどの赤ちゃんを売るブローカーが、とある成り行きから合流し、それをペ・ドゥナなどの刑事が尾行するという構図で、そんな赤ちゃんを売る旅を通して互いの理解が高まっていくヘンテコロードムービーが中心になる為、決してひたすら重たい映画ではない。

赤ちゃんの売買や、子供を手放す事など、映画自体は彼らの最悪の行動から入るんだけど、この映画の構成として、次第に彼らの背景や心情描写が積み上げられていきます。
その結果、「行動」ではなくて、そこにある「目的」が主役になって物語を動かしていくのが、本当に心地良かった

そんな彼ら全員の心理描写が積み上げられていくうちに、親に対して、子供に対して、社会の中で多様な問題を抱える様々な人達の異なった視点を、めちゃくちゃ多面的に、濃度を持って捉えていきます。

擬似家族化していくロードムービーの中で、その状況に置かれてしまっている理不尽さと、人と人の繋がりによりそれをひとときでも溶かしてくれる温かさが常に混在していて、その一方が溢れ出す瞬間、すごい印象に残るシーンが何度かあるのですが、何度も涙が流れてしまった。

この映画を観て、子育て、子供を持つ事を幸せに感じられるのって、いかに「心の余裕を持てるか」であり、いかに「孤独を感じないか」なんじゃないかなって、改めて感じました。

一方で、ラストの落とし方が少し捻りすぎかな?と最初は思ったのですが、未来の子供をリアルな存在で映すことで、選択は確実に未来に繋がるという責任や継続性を表現できてて、良かったなと改めて思いました。

俳優陣もめちゃくちゃよくて、特に刑事役のペ・ドゥナの語りすぎずバックボーンを想像させる演技は、素晴らしいかったです。

社会の中で生きる理不尽さと、それを感じさせないくらい「人と人の繋がりよる温もりと希望」という是枝監督らしい視点が共存してて、大好きな作品になりました。

オススメです!!!



  1. 2022/06/30(木) 10:44:55|
  2. 2022年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆7『死刑にいたる病』

『死刑にいたる病』



~あらすじ~
理想とはかけ離れた大学生活で悶々とした日々を過ごす筧井雅也(岡田健史)のもとに、ある日1通の手紙が届く。それは大勢の若者を殺害し、そのうち9件の事件で死刑判決を受けている凶悪犯・榛村大和(阿部サダヲ)からのもので、「罪は認めるが最後の事件は冤罪(えんざい)だ。犯人はほかにいることを証明してほしい」と記されていた。かつて筧井の地元でパン屋を営んでいた旧知の榛村の願いに応えるべく、筧井は事件の真相を独自に調べ始める。
(シネマトゥデイ引用)




7/10★★★★★☆☆

以下 レビュー(ネタバレなしです!!)

【作品背景】

『孤狼の血』や『彼女がその名を知らない鳥たち』、『凶悪』の白石和彌監督の最新作。

『ホーンテッド・キャンパス』シリーズなどで知られる櫛木理宇さんが2017年に刊行した同盟小説を原作に、『そこのみにて光り輝く』や『君はいい子』『さがす』などの高田亮さんが脚本を書き下ろした本作。

熱量とパンチの効いた良作を連発する白石和彌監督と、ノワールやサスペンスの脚本に定評のある高田亮さんのタッグと言う事で、公開前から盛大に楽しみにしていた作品です!

また24件もの連続殺人を犯し、死刑判決を受けた連続殺人犯を阿部サダヲさんが、そんな殺人犯からもらった一通の手紙により、鬱屈した日々の中から巻き込まれていく大学生を岡田健史さんが演じます。

特に阿部サダヲさん演じる連続殺人犯のビジュアルがポスターから既に最高で、どのようなキャラクターとして描かれているのか非常にワクワクして鑑賞しました。




【感想(ネタバレなし)】


白石監督の作品と言う事で、ある程度期待していたんですが、思っていた以上に...激ヤバ映画でした。

本作どんな映画か...一言で表現すると、
「サイコパスに踊らされサスペンス」

阿部サダヲ演じる連続殺人犯は、「起訴された複数の殺人のうち、一件は自分じゃない」と主張する。

それを、過去に一時的に知り合いになり打ち解けてした、岡田健史さん演じる大学生に、立証して欲しいと依頼します。

彼は次第に殺人犯に翻弄され、しまいには影響を受ける...という要素が大きな軸になっているんですが、我々はその大学生の視点で、その様子を追体験させる事に特化した映画になっています。

噛み砕いて言うと、「残忍冷酷な凶悪犯なのに、親しみを感じる」、更に言うと「憧れさえ抱きそうになる」、そんな二律背反な感覚をもたらしてくれます。

この映画の一つ一つが、そこに繋がるように作られていて、
殺人拷問シーンが兎に角残酷で、殺人犯の残忍さを真っ向から描いたと思えば、「街のパン屋さん」にピッタリな包み込むように優しい表情を見せるシーンが多かったり、その両方が納得出来る演技、佇まいを説得力を持って体現する阿部サダヲさんが本当に素晴らしい。

他にも岡田健史さん演じる大学生の境遇描写の上手さであったり、面会室での「映画的な」演出であったり、怖さと温かさ、両方の感覚を持って殺人犯に翻弄され、取り込まれていくような、そんな映画になっています。

一方でこの映画、サスペンスでもあるんですよね。

「否認する一件の殺人の真相は?」
これが一本のサスペンス軸として入っている中で、なぜこの大学生が選ばれたのかとか、二人以外のキャラクターに感じる違和感とか、そういう諸々の引っかかる所が、この軸を飲み込む形でサスペンスとして機能して回収されていく構造は、素直によく出来てるなと思いました。


ただ、拷問シーンが個人的な感覚で言うと、必要以上に痛くグロすぎたかなと感じます。
観る人を選ぶと思いますし、見終えた後はその印象が残り過ぎて、本質的な面白さがぼやけてしまってるようにも思えました。
  1. 2022/05/11(水) 19:15:22|
  2. 2022年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ