シネマ・ジャンプストリート

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

☆8『ライトハウス』狂気と閉塞感が画面を支配。

『ライトハウス』



~あらすじ~
1890年代、アメリカ・ニューイングランドの孤島に灯台守としてベテランのトーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と経験のない若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)がやって来る。彼らは4週間にわたって灯台と島の管理を任されていたが、相性が悪く初日からぶつかり合っていた。険悪な空気が漂う中、嵐がやってきて二人は島から出ることができなくなってしまう。外部から隔絶された状況で過ごすうちに、二人は狂気と幻覚にとらわれていく。
(シネマトゥデイ引用)





8/10★★★★★☆☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
『ムーンライト』『ミッドサマー』などで知られるスタジオ・A24が制作した本作。
『ウィッチ』などのロバート・エガース監督がメガホンをとり、ウィリアム・デフォーとロバート・パティンソンが共演する、背景だけでもあらゆる角度から掘り下げたくなる、スリラーであり、ホラーであり、サスペンスであるモノクロ映画です。

まず大注目なのが、A24制作という点。
2012年設立の若い映画制作会社なんですが、その4年後にマイノリティの男性の恋愛を美しくかつ残酷に描いた『ムーンライト』でアカデミー作品賞に受賞します。それ以外にも上げるとキリがないんですけど、監禁映画の傑作『ルーム』、新時代のSF映画『エスク・マキナ』、本国で絶賛の嵐だった青春映画『レディ・バード』、一部で社会現象化した新型ホラーの『ミッドサマー』...他にも『スイス・アーミーマン』、『ヘレディタリー』、『複製された男』、『聖なる鹿殺し』、『mid90s』など、どれも小規模ながら「攻めてて面白い」映画を連発しています。
背景としてその根底には、若い映画監督の発掘と、その監督が輝く領域に尖らせた作品をマッチングさせる所が巧みで、どんどん新しい才能の窓口になっています。

そんな中で、本作『ライトハウス』。お披露目されたのは2019年のカンヌ国際映画祭で絶賛された作品で、かなり話題になっていたのですが、モノクロ映画でしかも相当尖っているということもあって、中々日本公開されなかったのですが...この度万を辞しての劇場公開です。

本作の舞台は孤島の灯台。
ベテラン灯台守のウィリアム・デフォー演じるトーマス・ウェイ、そこにロバート・パティンソン演じる新人灯台守ウィンズローがやってる。外界と連絡が取れず、荒れ狂う海と閉鎖された環境の中で不可解な出来事が起こり始める...という展開を、あくまで新人灯台守ウィンズローの目線で描かれていきます。

最大の魅力の一つが、観ている我々を引き込む映画としてのルックのパワーが桁外れに凄い。
閉鎖的なストーリーに対して、その閉塞感を際立たせるように画面が作り込まれていて、モノクロである事は一つの要素に過ぎず、画角をほぼ正方形に限定したり、一つのカットを取っても意味ありげな印象に残るような画面作りをしていて、デヴィッド・リンチ的な画面力が感じられます。
ただルックというのは映像だけでなく、音の影響も凄く大きく、不協和音や環境音の使い方が抜群で、あらゆる観点から五感に対し閉塞感と一種の狂気を訴えかけてきます。

そんな中で展開されるストーリーも、狂っています。
新人灯台守ウィンズローは先輩灯台守のトーマスから、完全パワハラな理不尽な要求をされます。理不尽なだけであれば良いのですが、どんどん不可解に。加えて外界から遮断される環境が重なって、彼自身追い込まれていくと同時に、映画のリアリティラインがどんどん狂っていきます。
映画自体が抽象化していく中で、見せる力引き込む力が抜群だからこそ、狂っている内容にグイグイ引き込まていきます。

加えて、ウィリアム・デフォーとロバート・パティンソンの演技合戦が凄まじい。
ほぼ二人しか登場しないのですが、2人の演技合戦にめちゃくちゃ引き込まれていきました。

正直、モノクロ映画、しかも抽象的なストーリーと、個人的には余り得意ではないんですが...本作に関してはめちゃくちゃ引き込まれてました。

狂ってる映画が好きな方は、是非是非観ていただきたい、オススメな一方です!

  1. 2021/07/19(月) 12:36:13|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆7『ブラック・ウィドウ』ナターシャよ永遠なれ

スパイ映画であり、ヒーロー映画。

『ブラック・ウィドウ』



~あらすじ~
孤高の暗殺者ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)の前に、ある日突然「妹」のエレーナ(フローレンス・ピュー)が現れる。二人は自分たちを暗殺者に仕立て上げたスパイ組織レッドルームの秘密を知ってしまったため、組織から命を狙われていた。姉妹が頼れるのは、かつて組織によって作られた偽りの家族しかなかったが、レッドルームの陰謀はこの「家族」の再会に仕組まれていた。(シネマトゥデイ引用)



7/10★★★★★☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の24作目(多!?)であり、インフィニティ・サーガと言われる一連のストーリーが完結後、新たに始動するフェーズ4の一作目になる本作。
フェーズ1から登場していた世界最高のスパイ、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフの、初の単独作品であり、最後の登場になると予想される作品になります。
監督を務めるのは、『さよなら、アドルフ』などのケイト・ショートランド。主演のナターシャを演じるのは、これまでの作品群同様にスカーレット・ヨハンソン。『ミッドサマー』のフローレンス・ピュー、『女王陛下のお気に入り』のレイチェル・ワイズ、『ヘルボーイ』のデヴィッド・ハーバーなどが共演します。

本作の時系列的には『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の直後であり、ソコヴィア協定を破り、孤立するナターシャが、彼女の過去に関わる事件に関与する事になります。彼女が少女時代に隠れ蓑として過ごした擬似家族が関与し、自らも在籍していたスパイ組織「レッドルーム」に立ち向かうという、大きな話の流れになります。

MCU作品といえば、作品毎に違うチューニングが巧みなのですが、本作は世界最高のスパイであるブラック・ウィドウの物語だから当然とばかりに、完全にスパイ映画として作られています。
キーアイテムの争奪戦をベースに、追いかけっこ、カーチェイス、屋根の上のアクション、ヘリコプターを使ったアクション、そして成りすましと潜入。スパイ映画として楽しい要素が分断に詰められ、それがストーリーを推進する為、MCU初心者でも楽しめる作品になっています。

その中でスパイ映画と大きく違う所があります。
助けるという事を最優先に行動し、時には敵である存在にも救うという行動を取る彼女を見ていると、彼女はスパイではなく、「人を救う」アベンジャーズ のヒーローなんだという事が、ふと感じ取れるシーンが多々あるのが凄く良かったです。

そんな、一見さんにも楽しめる映画になっているのですが、キャラクターの内面を掘り下げようとして見た時、過去のMCU作品を知ってるか知らないかで、見え方が変わってきます。

彼女がアベンジャーズたる理由とは、そして何故『エンドゲーム』であの行動を取ったのか...そこに繋がる彼女の本質は、彼女自身ですらもこの映画前の時点では気が付けていません。
「プロフェッショナルなスパイ」でありつつ、「アベンジャーズ =家族」と捉えていた彼女と、幼少期にいた擬似家族との接点を通して、「プロ(仕事)と家族の天秤」がテーマに浮かび上がってきます。彼女自身もその接点を通して自分自身を理解すると共に、彼女の言動と変化から、見ている我々もナターシャへの理解が深まっていく、そんな映画になっています。

そんなナターシャと対比する立ち位置で、喰いそうな勢いで存在感が際立っているのが、ナターシャと幼少期に擬似家族を形成していたフローレンス・ピュー演じるのエレーナです。
ナターシャが、スパイではなくヒーローである事、そして自身の本質に気が付けていない事を、対照的な存在である彼女が強調してくれています。
それだけでなく彼女自身、生意気妹感のキャラクターがめちゃくちゃ立っていて、肉感とあるアクションも最高で、間違いなくあると思われる今後の登場に期待したいです。

他にも、ブラック・ウィドウのアクションはやっぱり大好きですし、クライマックスアクションもCG駆使した見た事ないアクションで見応え十分でした。

ただ、2点ほどマイナスポイントを...

1つが、後半に入って冗長に感じてしまう所があるなと。特に前半はスパイアクション映画として駆け抜けていくのですが、「家族」の濃度を強めるタイミングで、話が止まって見えちゃう所が残念でした。

もう1つが、作品は関係ないのですが...タイミングが悪すぎる。
フェーズ3を振り返りつつ、フェーズ4が始動するポジションにいる作品なのですが、余りにフェーズ3から時間が空いてしまって感情を乗せづらい所があるのと、ディズニー+で公開中のドラマシリーズが世界観を拡張させる方向の作品が多い為、今作はインパクトがなく地味に感じてしまうのが、勿体ないし残念ですね。

とはいえ、スパイ映画として万人が楽しめつつ、ブラック・ウィドウの本質の輪郭がはっきりする作品になってて...
オススメです!!


  1. 2021/07/11(日) 15:03:38|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆8『映画大好きポンポさん』映画製作のロジックを熱量×メタ展開で!

ポンポさんが来ったぞー!!

『映画大好きポンポさん』



~あらすじ~
映画プロデューサーのポンポさんのもとで製作アシスタントをしている青年ジーンは、観た映画を全て記憶している映画通だが、映画を撮ることは自分には無理だと思っていた。しかし、15秒のCMをつくったことから、彼は映画づくりの楽しさに目覚める。そして、彼はポンポさんに大ヒット間違いなしの映画の監督に指名される。(シネマトゥデイ引用)



8/10★★★★★☆☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
イラストコミュニケーションサービス「pixiv」に投稿され、「マンガ大賞2018」で10位に入った杉谷庄吾によるコミックのアニメ映画化。
監督、脚本を、『魔女っ子姉妹のヨヨとネネ』などの平尾隆之が務め、『この世界の片隅に』などに携わったスタッフが立ち上げたCLAPがアニメーション制作を行った本作。

NISHIKIさんが、みったよ~!!

『雨に唄えば』や『カメラを止めるな』など、映画製作の側面を題材にした映画は数多くあるが、本作は一味も二味も異なります。
もちろんアニメーション映画って所もそうなんですが、「映画製作の全貌を網羅しつつ、ファンタジーで丸め込んでいる」そんな映画製作愛暴走映画になっています。

本作の主人公は、映画監督に大抜擢された映画オタクの青年ジーン。天才プロデューサーであるポンポさんに、「目に光がなく、世の中を斜めにみるくすんだ目」を評価され、監督に抜擢されていきます。
現実ではありえないこの抜擢で、主人公=俺だ!と画面の前のオタクを掴みつつ、配役、脚本、撮影、編集、再撮影、投資、試写... カッコ付きではあるが映画制作の各シーケンスの肝を、編集を分断に前面に出したデフォルメ表現によってダイナミックに気持ちよく、ファンタジーとして展開していきます。映画が出来上がっていく過程が気持ちよくて、めちゃくちゃ上がるんです。

そんな中、本作の山場は映画の編集になります。編集という、ぶっちゃけ地味な場面を山場にする狂気の沙汰なんですが、「約72時間」という素材を映画の尺にまとめるというミッションに対して、主人公が立ち向かっていく展開を、超絶多層的メタ的演出で畳み掛ける事でめちゃくちゃ面白く仕上げています。

例えば...
主人公が作る映画の中、つまりは劇中劇における主人公はオーケストラの指揮者で、Meisterという楽曲への向き合い方で苦悩に陥いるのですが、これが本作の主人公ジーン自身の編集作業における「教科書通りにつくる事」への気付きにリンクします。それだけではなく、「何に焦点を当て、何を切り捨てるか」という乗り越える所が、劇中劇の中身とジーンの編集作業、更にはジーン自身の人生と見事にリンクして畳み掛けられるので、その熱量に圧倒され涙が溢れ出てきました。

また、ポンポさんが語る映画論っていうのがあって、それが良し悪しは置いておいて、我々が観ているこの映画自体のフォルムにも見事にリンクしてて楽しいんです。
本作でポンポさんは「編集=映画の全て」なんて事を言うんですが、それがこの映画の見せ方にも繋がっています。ポンポさんの「いかに演出を駆使して90分で見せ切るか」という言及に対し、この映画自体が編集により90分で映画製作過程全てを見せ切るという所に着地出来てるし、劇中劇も当然そこに着地できているし、めちゃくちゃ気持ちよく出来ています。

ただどうしても、冷めてしまったのが一点...
「投資」という側面も組み込まれてるのご素晴らしいし、ジーンの人生が編集作業にリンクする説得パートは熱量ダダ漏れで涙なんだけど...
なんだけど...そこの最後の一押しの手法はモラル的に完全にナシでしょ...
そこまでやってしまうと、「良い映画作れれば、他の人など関係ねぁ」みたいな狭視的な、利己的な映画に見えてしまう...

そんな負の側面なければ、今年ベスト級なんだけど...

映画製作のカッコ付き全過程の肝を、ファンタジー的編集とメタ演出の嵐で見せ切る、映画製作愛爆発映画。暴走し過ぎてモラル的にアウトな要素はあれど、、その熱量に涙涙でした!

超絶オススメです!!


  1. 2021/06/23(水) 18:18:05|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆7『キャラクター』ビジュアルと画面の力が素晴らし過ぎる

漫画家と殺人鬼の共依存。

『キャラクター』



~あらすじ~
漫画家のアシスタントをしている山城圭吾(菅田将暉)は、画力は高いが、お人好しな性格のためか悪役をリアルに描けない。ある日、圭吾はスケッチに訪れた一軒家で、殺害された家族と犯人(Fukase)の顔を見てしまう。圭吾は犯人をモデルにキャラクターを創り上げ、ついに売れっ子漫画家になるが、漫画をなぞるような事件が次々と発生。そして、犯人の男が圭吾の前に現れる。(シネマトゥデイ)



7/10★★★★★☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
『帝一の國』などの永井聡が監督を務める本作。オリジナル脚本を担当するのは、漫画原作者として「MASTERキートン」などを手掛けてきた長崎尚志。
若手NO1俳優の菅田将暉が売れない漫画家を、本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のFukaseが殺人鬼を演じる。また、小栗旬や高畑充希、中村獅童という錚々たる面々が顔を揃える。

本作の魅力は、大きく3点。

まずは、漫画家と殺人鬼の共依存、っていう設定が面白すぎる。Fukaseが演じる殺人鬼は菅田将暉演じる山城が書いた漫画を元に殺人を行うし、山城は殺人鬼からインスピレーションを受けて漫画を描いていく。決して一方通行ではなく、それぞれの分野でそれぞれが共作を作っていく、そんな物語の枠組みがめちゃくちゃフレッシュなんです。

そして、そんなフレッシュな枠組みを支えるのは、日本映画の枠組みを大きく飛び越えた映画のビジュアルです。PG12でよくいけたなという残酷描写もそうですが、それ以外の描写も含めて、まるで韓国映画さながらの重厚感が漂っています。目を釘付けにする画面の力はお見事で、特に主人公が追い込まれていく終盤に向けて、息を忘れるほど画面に引き込まれていきます。

そして三つ目が、何といってもFukase演じるサイコキラーの存在感。我々の常識だと狂った言動なんだけど、1mmたりともおかしくないと思っている感じが明確に滲み出てていて、マジで怖いやばい。彼の存在感が映画の格を一段も二段も引き上げているのは間違いないです。

ただ、ストーリーの素材の良さを殺してる、無理矢理否めない導入や後出し謎解き展開、無能な捜査など、展開脚本の粗が目立つのが、残念な所。
なんて言うか、勿体ない...
特に気になったのが2点。
菅田将暉演じる漫画家のスタンスの取り方が、描き込みが不十分で不可解なのと、警察の捜査がストーリーの都合で動いてる感ビンビンで、ノイズになってました。
作中に「サイコキラーのキャラクターにリアリティがない」という台詞があるが、そっくりそのままこの映画の一般人側へブーメランしているのではないでしょうか。

とはいえ、魅力がめちゃくちゃ大きな作品。
ハマる人にはハマる事間違いなし!







  1. 2021/06/19(土) 23:33:35|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆9『Mr.ノーバディ』87Northが撮る傑作舐め殺映画!

タイトで完璧な92分の舐め殺映画!

『Mr.ノーバディ』



~あらすじ~
さえない中年男のハッチ・マンセル(ボブ・オデンカーク)は、職場では実力が評価されず、家族からも頼りない父親として扱われていた。ある夜、自宅に強盗が押し入るも暴力を恐れた彼は反撃できず、家族に失望され、同じ職場の義弟にもばかにされる。鬱憤(うっぷん)を溜め込んだハッチは、路線バスで出くわした不良たちの挑発にキレて連中をたたきのめす。この事件をきっかけに、彼は謎の武装集団やロシアンマフィアから命を狙われてしまう。
(シネマトゥデイ引用)


9/10★★★★★☆☆☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
究極のPOVアクション映画である『ハードコア』(酔う!)のイリヤ・ナイシュラーが監督を務める本作。ドラマ畑で活躍するボブ・オデンカークが主演を務める他、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクことクリストファー・ロイドなどが共演する。
注目は、いまやハリウッドアクションの最高峰で、凄いアクション映画のバックボーンには必ず関わっているアクション監督/スタントマン集団の「87 eleven action design」改め、映画制作会社「87North productions」が制作をした本作。『ジョン・ウィック』シリーズなどのデヴィッド・リーチがプロデュース、デレク・コルスタッドが脚本を努めます。

減点なし!加点だらけの最高アクション映画!!

本作はいわゆる、「舐めてた相手が実は殺人マシンでした映画」(byギンティ小林さん命名)。
最短距離でカタルシスを爆発できるフォーマットであり、古くはスティーヴン・セガール主演の沈黙シリーズに始まり、定型的な映画の形を確固たるものにした『96時間』、超几帳面なキャラクターを上乗せした『イコライザー』、スタイリッシュを極め切った『ジョン・ウィック』など、特に近年傑作映画を乱発していました。

そんな中での本作は、「舐めてた相手が実は殺人マシンでした映画」の二番煎じか...?と言われると、最良の意味で「YES!」そして「NO!」と言える作品になっています!

まず、どういう所「YES」なのか。
90分強という尺で、この手の映画に求めている要素が分断に詰められていて、舐められるシーケンスからカタルシス爆発まで、一瞬たりとも退屈する事なく、感情を揺さぶり続ける、そんな映画になっています。
前述した映画とそれに付随する数多くの映画の中でも、最も無駄なくスキなく、フォーマットを完全攻略しているといっても過言ない、その位「完璧な」92分なんじゃないでしょうか。

では、どういう所「NO」なのか。
一つが「舐められ方」がとにかくフレッシュ!
見た目が普通のおじさんっていうのも凄く良い上、守るべき「家族」からの舐められ具合がリアルで最高of最高。彼が「何者か」というのは誰も家族も知らないのですが、それは彼が普通の人であろうとしているからで、「普通の人で有ろうとすればするほど、家族から軽蔑され舐められる」ってバランスがフレッシュで凄まじく面白い。
この手の映画の中でも、ここまでリアルな心象で「舐められている」男っていたでしょうか。

そして、そんな日常の描き方、見せ方がフレッシュ!
エドガー・ライトを彷彿とさせるようなテンポをきざむ編集で、秒速で主人公の置かれた家庭内ポジションに、楽しませつつも感情移入させる手際の良さは見事でした。
また、その中で「実はこの人、出来んじゃね?」って最小限の違和感を残すのも見事です。

そして最後に、アクションもフレッシュ!!
「87North productions」が関わっている事からもわかる様に、アクションのベースラインが高いのはさることながら、そのテイストが『ジョン・ウィック』や『アトミック・ブロンド』のそれとは全然違っていて、不完全で肉体ごと突っ込んでいく...気持ちで戦うような戦い方になっています。
これは本作の主人公が、前述の映画のアクションとは異なった動機を持っているからで、「日常の鬱憤」からの爆発を表現する様に、八つ当たり的でぼろぼろになりながらのアクションが超絶最高でした。

間違いないフォーマットを、最大級にスキ無く活かしつつ、フレッシュな面白さがふんだんな、新たな「舐めてた相手が実は殺人マシンでした映画」の大傑作!

超絶オススメです!!


  1. 2021/06/14(月) 18:00:00|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ