CINEMAチャンネル 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

75『22年目の告白 私が殺人犯です』それはまるでファントムペインのような

藤原竜也をどこまでも求めて...

入江悠監督の最新作はサイコサスペンス!
『22年目の告白 私が殺人犯です』





~あらすじ~
阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。担当刑事の牧村航(伊藤英明)はもう少しで犯人を捕まえられそうだったものの、尊敬する上司を亡き者にされた上に犯人を取り逃してしまう。その後事件は解決することなく時効を迎えるが、ある日、曾根崎雅人(藤原竜也)と名乗る男が事件の内容をつづった手記「私が殺人犯です」を発表し……。
(シネマトゥデイ引用)








☆☆☆☆☆☆☆(75/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
『SR サイタマノラッパー』や『ジョーカーゲーム』『太陽』の入江悠監督最新作!
あらゆるエンターテイメントなフィクションジャンルに対し、「日本でも、いや日本だから出来るはずだ!」と臆することなく強気で挑んでいる、日本で唯一無二の映画監督です。
そんな彼が、今作で藤原竜也&伊藤英明のW主演に迎えて挑んだのが、ノワールであり、サイコサスペンス。
秀作韓国映画の『殺人の告白』が元になっているのですが、バイオレントな要素は残しつつも、日本だからこその背景と人間ドラマを絶妙に組み込んだ、より「感情」に焦点を当てた、素晴らしい日本のサイコサスペンス映画になっていました!

「はじめまして、私が殺人犯です。」
時効を迎えた連続殺人事件で、時効成立後に記者会見を開き、衝撃の告白をする曾根崎雅人。
目的は、正確に語られていない自身の事件を明らかにし、贖罪すること。
しかし、「被害者の最も近しい人に、死ぬ瞬間を間近で見させる」という事件のあまりに生々しい詳細を、彼は論文でも発表するかのように意気揚々と説明します。
この記者会見に始まり、本の出版、関係者への謝罪、そして握手会、、、
映画の前半は、藤原竜也演じるこの男のサイコパスな言動と、周囲をカルト化させていくカリスマ性により、もう画面から目が離せなくなっていきます。

もう一人の主人公である、伊藤英明演じる中堅刑事の牧村航。
彼もまた、連続殺人事件によって、人生を狂わされた一人(詳しくは知らない方がよい!)です。
彼が中盤以降の物語を進め、特に事件の詳細が明らかになるにつれ、人間の「感情」を語る役割を担っていきます。

1995年という連続殺人事件の起きた時代。
この時代には二つの意味があります。
ひとつは、「時効制度の改革前夜」だという事。
この年を境に、殺人事件のような死刑の対象になりうる事件は、時効は適用されなくなりました。
この映画の設定が成立する最後の年だった訳です。
そしてもう一つ、これこそがこの映画のテーマになっていく、阪神大震災や地下鉄サリン事件等「ショッキングな出来事が相次いで起きた時代」だという事。
秀逸すぎる冒頭が映像だけで語るように、時間などあっという間に流れ去り、事件は風化してしまいます。
しかし、それは被害者の関係者にとっては全く違います。
どれだけ時間がたっても、無くした腕が痛むファントムペインのように、無いものを治療する事などできません。
特に、目の前で最も大切な人が殺されたりしたならば...
この映画では、リメイク元の韓国映画ではある意味切り捨てていた所まで、日本独自の設定を持ち込む事で掘り下げに成功しているのが、本当に素晴らしいのです。

そんなこの映画のテーマを見事に利用した、驚きの展開が、後半で待ち受けます。
詳しく書く事は出来ませんが、見事に溜飲を下げられました...
特にテレビ中継シーンが印象的ですが、人と人が対峙している場面での、物語が動く予感、これが本当最高でした。

多少の嘘くさいシーンはあれど、
私はリメイク元作品の上をいっていると思います!
劇場で見るべき作品です!





ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/06/16(金) 10:16:34|
  2. 2017年公開映画
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://n8ryt.jp/tb.php/110-91534abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

22年目の告白-私が殺人犯です

 オリジナルの韓国映画「殺人の告白」も好きだったけど、藤原竜也の魅力を出し切った本作は、日本の法制度もよく研究して、矛盾も少なくエンタメの快作といえましょう。  作品情報 2017年日本映画 監督:入江悠 出演:藤原竜也、伊藤英明、仲村トオル 上映時間:117…
  1. 2017/07/04(火) 23:56:18 |
  2. 映画好きパパの鑑賞日記

劇場鑑賞「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」

真実を、追いかける… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201706100000/ 22年目の告白ー私が殺人犯ですー [ 浜口 倫太郎 ]
  1. 2017/07/05(水) 05:27:07 |
  2. 日々“是”精進! ver.F

22年目の告白

 『22年目の告白―私が殺人犯です―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)TVドラマ『リバース』(注1)に出演していた藤原竜也の主演映画ということで映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、1995年1月の阪神淡路大震災の模様と、その年に起きた連続殺人事件...
  1. 2017/07/05(水) 05:51:18 |
  2. 映画的・絵画的・音楽的

【映画】22年目の告白 私が殺人犯です

【解説・あらすじ】藤原竜也と伊藤英明がダブル主演し、2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描くクライムサスペンス。「ジョーカー・ゲーム」「SR サイタマノラッパー」の入江悠監督がメガホンをとり、22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男の「告白」が新たな事件を…
  1. 2017/07/05(水) 07:03:59 |
  2. ただただ映画を楽しんでる人のブログ

22年目の告白-私が殺人犯です-★★★★

未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。韓国映画『殺人の告白』をベースに、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠監督がメガホンを取り、日本ならではの時事性を加えてアレンジ...
  1. 2017/07/05(水) 15:37:27 |
  2. パピとママ映画のblog

「22年目の告白 私が殺人犯です」:まずまず楽しめるミステリー

映画『22年目の告白 私が殺人犯です』は、まずまず上出来なミステリー。原作となっ
  1. 2017/07/05(水) 17:40:35 |
  2. 大江戸時夫の東京温度