CINEMAチャンネル 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

2018年マイベスト映画発表!!その①(30位~11位)

明けまして、おめでとうございます!

非常に個人的な話では申し訳ないですが、
昨年は大切な人との別れと新たな出会いが多く、立ち止まって色々と考えさせられた一方で、自分のいるステージが変わってきたなと感じた一年でした。

今年は自分の中で大きなイベントがあり、大きく変わる一年になると思いますが、一つ一つ楽しむ事を忘れずに進めたらなと思っています!

さな、本題!!
2018年マイベスト映画を発表します。


鑑賞数
2018年に日本でお目見えとなった映画のうち、鑑賞本数は86本
うち67本が洋画、19本が邦画と、例年に比べ邦画が少なめ。


それではランキング!!
(順番つけるとかよくないよ!!!)



30位~21位(名前は上げておきたい!)

30位 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
ベストアクション!!トムクルーズ半端ねえ。

29位 『15時17分、パリ行き』
無関係な瞬間の繋がりが...御爺の死生観!

28位 『ゲティ家の身代金』
金持ちに、なるべからず!!

27位 『ペンタゴン・ペイバーズ』
超絶エンターテイメントな社会派ドラマ!

26位 『カメラを止めるな!』
クリエイターマインド全開なラストのドライブ感!!

25位 『アベンジャーズ /インフィニティ・ウォー』
お祭り映画として、立てるべき所が立ってて文句ナシ!

24位 『フロリダ・プロジェクト』
絵的センスと、背景で語るストーリーテリングに脱帽!

23位 『アリー/スター誕生』
愛と自己犠牲、夢と喪失の物語。主演二人の熱演の共鳴!

22位 『クレイジー・リッチ!』
アジアの今を凝縮しながら、極めて普遍的なテーマを切り取る。

21位『レディ・バード』
映画史上最も等身大なティーンエイジャーの女の子を描いた映画!


20位~11位(本心はベスト10に入れたい!)

20. 『犬猿』
双子の絶妙な距離感、同じく双子な自分にとっては最後の俺の映画!

19位 『ブラック・パンサー』
魅力的な対立構造と超絶テクノロジーが、部族描写と融合した最高の映画体験!

18位 『ボヘミアン・ラプソディ』
一点に向けて加速し、劇映画としてパワーに満ち満ちた作品!

17位 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』
時代の勢いと危うさを内包したリメイク元とは違った魅力、そして多幸感と苦さのアンサンブル!

16位 『シェイプ・オブ・ウォーター』
型にはまらない究極の愛、それは余りに美しく寓話的..

15位 『ウインド・リバー』
雪山に根付く現代の闇と切り離せない悲惨な事件、二人のホワイトカラーを絡めた無駄の無いタイトなストーリーデリング!

14位 『リメンバー・ミー』
「本当にそうかもしれない」そう思わせてくれる説得力半端ない世界観に大感謝!

13位 『万引き家族』
家族の形をさらに突き詰めて結果、家族に対する窓口が広がる、そんな世界の是枝監督の集大成的作品。

12位 『ラブレス』
利己的が行き過ぎた結果、こんなにも理不尽で救いようの無い顛末があって良い物だろうか...辛い...

11位 『スリー・ビルボード』
人の不完全さが取り返しのつかない悲劇を生めば、悔い学び這い上がらせるのも人の性だったりする...途轍もなく濃密!


ベスト10は改めて発表します!!





ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ



  1. 2019/01/02(水) 23:11:42|
  2. 2018年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://n8ryt.jp/tb.php/199-53e91322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)