シネマ・ジャンプストリート

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

☆8『映画大好きポンポさん』映画製作のロジックを熱量×メタ展開で!

ポンポさんが来ったぞー!!

『映画大好きポンポさん』



~あらすじ~
映画プロデューサーのポンポさんのもとで製作アシスタントをしている青年ジーンは、観た映画を全て記憶している映画通だが、映画を撮ることは自分には無理だと思っていた。しかし、15秒のCMをつくったことから、彼は映画づくりの楽しさに目覚める。そして、彼はポンポさんに大ヒット間違いなしの映画の監督に指名される。(シネマトゥデイ引用)



8/10★★★★★☆☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
イラストコミュニケーションサービス「pixiv」に投稿され、「マンガ大賞2018」で10位に入った杉谷庄吾によるコミックのアニメ映画化。
監督、脚本を、『魔女っ子姉妹のヨヨとネネ』などの平尾隆之が務め、『この世界の片隅に』などに携わったスタッフが立ち上げたCLAPがアニメーション制作を行った本作。

NISHIKIさんが、みったよ~!!

『雨に唄えば』や『カメラを止めるな』など、映画製作の側面を題材にした映画は数多くあるが、本作は一味も二味も異なります。
もちろんアニメーション映画って所もそうなんですが、「映画製作の全貌を網羅しつつ、ファンタジーで丸め込んでいる」そんな映画製作愛暴走映画になっています。

本作の主人公は、映画監督に大抜擢された映画オタクの青年ジーン。天才プロデューサーであるポンポさんに、「目に光がなく、世の中を斜めにみるくすんだ目」を評価され、監督に抜擢されていきます。
現実ではありえないこの抜擢で、主人公=俺だ!と画面の前のオタクを掴みつつ、配役、脚本、撮影、編集、再撮影、投資、試写... カッコ付きではあるが映画制作の各シーケンスの肝を、編集を分断に前面に出したデフォルメ表現によってダイナミックに気持ちよく、ファンタジーとして展開していきます。映画が出来上がっていく過程が気持ちよくて、めちゃくちゃ上がるんです。

そんな中、本作の山場は映画の編集になります。編集という、ぶっちゃけ地味な場面を山場にする狂気の沙汰なんですが、「約72時間」という素材を映画の尺にまとめるというミッションに対して、主人公が立ち向かっていく展開を、超絶多層的メタ的演出で畳み掛ける事でめちゃくちゃ面白く仕上げています。

例えば...
主人公が作る映画の中、つまりは劇中劇における主人公はオーケストラの指揮者で、Meisterという楽曲への向き合い方で苦悩に陥いるのですが、これが本作の主人公ジーン自身の編集作業における「教科書通りにつくる事」への気付きにリンクします。それだけではなく、「何に焦点を当て、何を切り捨てるか」という乗り越える所が、劇中劇の中身とジーンの編集作業、更にはジーン自身の人生と見事にリンクして畳み掛けられるので、その熱量に圧倒され涙が溢れ出てきました。

また、ポンポさんが語る映画論っていうのがあって、それが良し悪しは置いておいて、我々が観ているこの映画自体のフォルムにも見事にリンクしてて楽しいんです。
本作でポンポさんは「編集=映画の全て」なんて事を言うんですが、それがこの映画の見せ方にも繋がっています。ポンポさんの「いかに演出を駆使して90分で見せ切るか」という言及に対し、この映画自体が編集により90分で映画製作過程全てを見せ切るという所に着地出来てるし、劇中劇も当然そこに着地できているし、めちゃくちゃ気持ちよく出来ています。

ただどうしても、冷めてしまったのが一点...
「投資」という側面も組み込まれてるのご素晴らしいし、ジーンの人生が編集作業にリンクする説得パートは熱量ダダ漏れで涙なんだけど...
なんだけど...そこの最後の一押しの手法はモラル的に完全にナシでしょ...
そこまでやってしまうと、「良い映画作れれば、他の人など関係ねぁ」みたいな狭視的な、利己的な映画に見えてしまう...

そんな負の側面なければ、今年ベスト級なんだけど...

映画製作のカッコ付き全過程の肝を、ファンタジー的編集とメタ演出の嵐で見せ切る、映画製作愛爆発映画。暴走し過ぎてモラル的にアウトな要素はあれど、、その熱量に涙涙でした!

超絶オススメです!!


  1. 2021/06/23(水) 18:18:05|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://n8ryt.jp/tb.php/247-032420bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)