シネマ・ジャンプストリート

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

☆8『ライトハウス』狂気と閉塞感が画面を支配。

『ライトハウス』



~あらすじ~
1890年代、アメリカ・ニューイングランドの孤島に灯台守としてベテランのトーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と経験のない若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)がやって来る。彼らは4週間にわたって灯台と島の管理を任されていたが、相性が悪く初日からぶつかり合っていた。険悪な空気が漂う中、嵐がやってきて二人は島から出ることができなくなってしまう。外部から隔絶された状況で過ごすうちに、二人は狂気と幻覚にとらわれていく。
(シネマトゥデイ引用)





8/10★★★★★☆☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
『ムーンライト』『ミッドサマー』などで知られるスタジオ・A24が制作した本作。
『ウィッチ』などのロバート・エガース監督がメガホンをとり、ウィリアム・デフォーとロバート・パティンソンが共演する、背景だけでもあらゆる角度から掘り下げたくなる、スリラーであり、ホラーであり、サスペンスであるモノクロ映画です。

まず大注目なのが、A24制作という点。
2012年設立の若い映画制作会社なんですが、その4年後にマイノリティの男性の恋愛を美しくかつ残酷に描いた『ムーンライト』でアカデミー作品賞に受賞します。それ以外にも上げるとキリがないんですけど、監禁映画の傑作『ルーム』、新時代のSF映画『エスク・マキナ』、本国で絶賛の嵐だった青春映画『レディ・バード』、一部で社会現象化した新型ホラーの『ミッドサマー』...他にも『スイス・アーミーマン』、『ヘレディタリー』、『複製された男』、『聖なる鹿殺し』、『mid90s』など、どれも小規模ながら「攻めてて面白い」映画を連発しています。
背景としてその根底には、若い映画監督の発掘と、その監督が輝く領域に尖らせた作品をマッチングさせる所が巧みで、どんどん新しい才能の窓口になっています。

そんな中で、本作『ライトハウス』。お披露目されたのは2019年のカンヌ国際映画祭で絶賛された作品で、かなり話題になっていたのですが、モノクロ映画でしかも相当尖っているということもあって、中々日本公開されなかったのですが...この度万を辞しての劇場公開です。

本作の舞台は孤島の灯台。
ベテラン灯台守のウィリアム・デフォー演じるトーマス・ウェイ、そこにロバート・パティンソン演じる新人灯台守ウィンズローがやってる。外界と連絡が取れず、荒れ狂う海と閉鎖された環境の中で不可解な出来事が起こり始める...という展開を、あくまで新人灯台守ウィンズローの目線で描かれていきます。

最大の魅力の一つが、観ている我々を引き込む映画としてのルックのパワーが桁外れに凄い。
閉鎖的なストーリーに対して、その閉塞感を際立たせるように画面が作り込まれていて、モノクロである事は一つの要素に過ぎず、画角をほぼ正方形に限定したり、一つのカットを取っても意味ありげな印象に残るような画面作りをしていて、デヴィッド・リンチ的な画面力が感じられます。
ただルックというのは映像だけでなく、音の影響も凄く大きく、不協和音や環境音の使い方が抜群で、あらゆる観点から五感に対し閉塞感と一種の狂気を訴えかけてきます。

そんな中で展開されるストーリーも、狂っています。
新人灯台守ウィンズローは先輩灯台守のトーマスから、完全パワハラな理不尽な要求をされます。理不尽なだけであれば良いのですが、どんどん不可解に。加えて外界から遮断される環境が重なって、彼自身追い込まれていくと同時に、映画のリアリティラインがどんどん狂っていきます。
映画自体が抽象化していく中で、見せる力引き込む力が抜群だからこそ、狂っている内容にグイグイ引き込まていきます。

加えて、ウィリアム・デフォーとロバート・パティンソンの演技合戦が凄まじい。
ほぼ二人しか登場しないのですが、2人の演技合戦にめちゃくちゃ引き込まれていきました。

正直、モノクロ映画、しかも抽象的なストーリーと、個人的には余り得意ではないんですが...本作に関してはめちゃくちゃ引き込まれてました。

狂ってる映画が好きな方は、是非是非観ていただきたい、オススメな一方です!

  1. 2021/07/19(月) 12:36:13|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://n8ryt.jp/tb.php/249-b8da2ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)