シネマ・ジャンプストリート

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

☆9『空白』この噛み合わなさ...つらい

『空白』



~あらすじ~
スーパーの化粧品売り場で万引きしようとした女子中学生は、現場を店長の青柳直人(松坂桃李)に見られたため思わず逃げ出し、そのまま国道に飛び出してトラックと乗用車にひかれて死亡してしまう。しかし、娘の父親(古田新太)はわが子の無実を信じて疑わなかった。娘の死に納得できず不信感を募らせた父親は、事故の関係者たちを次第に追い詰めていく。(シネマトゥデイ引用)




9/10★★★★★☆☆☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
『ヒメアノ~ル』や『さんかく』、今年公開された『BLUE/ブルー』の吉田恵輔監督の最新作で、古田新太と松坂桃李が共演する「かなりエグい話」という事で、公開前から話題になっていた作品です。

個人的に吉田恵輔監督の作品って所で、日本人映画監督の中でも一二を争うくらい好きな映画監督なんですが、この監督のどういった作家性が好きなのか...

一つは人間関係の曖昧さや危うさみたいなのが描くのが凄い上手いんです。「主観」のぶつかり合いで形成される人間関係の中で、相手の「主観」を100%理解する事は到底出来ない。なんだけど、映画の観客という立場ではお互いの「主観」が見える。つまり、その噛み合わなさが明確に見えるのが映画であって、その噛み合わない危うさや気まずさを見せるのが吉田恵輔監督は抜群に上手い。そんな噛み合わなさを、「サイコスリラー」や「ラブコメ」で、悲劇とコメディの絶妙バランスで見せてきたのフィルモグラフィーになっています。

そしてもう一つの特徴が、「一見平凡そうに見える日常の中で、見えてなかった何かが見える事で、映画の中盤で物語の見え方が大きく変わる」所にあるのかなと思います。その見えなかった何かというのが、「誰かの主観」であったり、新たな存在であったりするのですが、それによってジャンルが飛び越えるレベルで、映画の見え方が一変するという所も、この監督の面白い所になります。

それに対して本作は...
吉田恵輔監督の作家性を、シリアス方面にチューニングされた大傑作でした!

本作でメインとなる2人。古田新太演じる粗暴で昭和気質な父親は、突如事故によって娘を亡くしてしまいます。その事故のきっかけを作ったのが松坂桃李演じるスーパーの店員で、彼女が万引きをしている現場を見かけ彼女を追っかけた結果、事故に繋がってしまいます。
事故の原因をスーパー側の過失を執拗に調べる父親と、精神的に追い込まれていくスーパーの店長。
この2人の主観とその噛み合わなさの描き方が絶妙で、父親の横暴さと不寛容、スーパー店長の罪悪感、それらの裏には自己防衛的な不完全で人間味のある感情も見え隠れしていて、それぞれにめちゃくちゃ共感出来てしまうんです。

そしてそんな2人の噛み合わなさが、次第に周りにも波及していきます。
事故とその後の展開に巻き込まれた人達も、群像劇的に描かれていくのですが、「店長を懸命にサポートするパート」、「不運に事故の運転手になった女性とその母」、「暴走する父親を近くで観る部下」、そして「亡くなった女の子の学校の担任」、それぞれに弱さと人間味、共感できる主観の視点が入っていて、全員の物語が感じ取れるようになっています。

メインの2人に限らず、登場人物それぞれによって異なる見えている物、目的、想い。本当の意味でみんな理解しえない、だからこそ言葉の刃を刺し合い、事態がコントロールが効かない状況下で深刻化していく。
まるで日本版の『スリー・ビルボード』で、不完全な人間だからこその噛み合わなさと負の連鎖が、終始ヒリヒリさせる。本当辛かったです...(もちろん褒めてます!)

ただ、本作でも「不条理さ」と同列に「救い」も描くんですよね。「救い」に感しても、「コントロール下にない状況」で訪れる描き方がめちゃくちゃさり気なくて、大号泣ですよ。3回くらいポジティブな意味で泣いちゃいました。
この辺り、吉田恵輔監督の信念なのかなと思うんですが、楽観的にも悲観的にもならず、「人生は辛いし温かい」って視点が見て取れます。

また、本作出てきた役者陣、全員最高でしたね。
古田新太の演技は「視野がどんどん狭くなっていく父親」が憑依していたし、松坂桃李は『あの頃。』『孤狼の血』からの振れ幅で全く違和感ないのは驚愕。「店長をサポートするパート」の寺島しのぶは噛み合わない「主観」の痛々しさが最高でしたし、古田新太の部下役の藤原季節は粗暴な古田新太への共感を後押しするのに絶妙に効いていたいました。そして何より片岡玲子さん!本作随一の名シーンがあるんですが、彼女の熱演無ければ本作のラスト30分は成り立たないくらい素晴らしかったです。

不完全な人間だからこその噛み合わなさ。
「不条理」な負の連鎖にヒリヒリさせられ、「救い」に涙する大傑作...
超オススメです!!
  1. 2021/09/27(月) 23:09:24|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://n8ryt.jp/tb.php/255-aaa34e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)