シネマ・ジャンプストリート

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

☆9『最後の決闘裁判』名匠の新たな傑作

『最後の決闘裁判』



~あらすじ~
中世のフランスで、騎士カルージュ(マット・デイモン)の妻マルグリット(ジョディ・カマー)が、夫の旧友であるル・グリ(アダム・ドライヴァー)から暴力を受けたと訴える。事件の目撃者がいない中、無実を主張したル・グリはカルージュと決闘によって決着をつける「決闘裁判」を行うことに。勝者は全てを手にするが、敗者は決闘で助かったとしても死罪となり、マルグリットはもし夫が負ければ自らも偽証の罪で火あぶりになる。(シネマトゥデイ引用)





9/10★★★★★☆☆☆☆

以下 レビュー(ネタバレなしです!!)

【作品背景】

600年以上前にフランスで行われた、決闘によって決着をつける「決闘裁判」の史実を基に描かれた本作。

「決闘裁判」とは、「神は正しい者に味方する」「決闘の結果は神の審判」というキリスト教の信仰のもと、証人や証拠が不足している告訴事件を解決するために行われる、当事者間で真実と生死をかけた決闘で、今の価値観では到底理解出来ない価値観の元で行われていました。

13世紀には禁じられるのですが、本作は禁じられる少し前に行われた最後の決闘裁判を題材にしています。


実際にはエリック・ジェイガーのノンフィクション小説『決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル』を原作にしつつ、

監督を務めるのは、『エイリアン』や『ブレードランナー』、『グラディエーター』、『オデッセイ』などの名匠リドリー・スコット。

SF映画の今に続く在り方を作った1人であり、細部まで計算し尽くされた異世界を完璧に築く映像センスと、視点の置き方で物語の見え方をコントロールするのが巧みな監督かなと思っています。


この決闘裁判の中心になるメインキャストとして、マット・デイモン、アダム・ドライヴァー、ジョディ・カマーらが出演する他、ベン・アフレックが重要な役で共演するなど、かなり豪華なキャストにぬっています。

そして、アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング』以来23年ぶりに、幼なじみのマット・デイモンとベン・アフレックが共同脚本を務める点も大注目です。



【感想(ネタバレなし)】


めちゃくちゃ面白い、流石リドリー・スコットという手際の良さが前面に出た映画になっていました。

本作、構成としては三部構成で描かれます。

マッド・デイモン演じる騎士のカルージュと、彼の親友であったアダム・ドライバー演じるル・グリ、そしてカルージョの妻であるジョディ・カマー演じるマルグリット、3人の視点から観た「ある事件を巡るそれぞれの事実」を章を分けて描かれます。

同じ時間に起きた出来事を、2時間30分かけて3回続けて見せられるという作りになっている為、それは流石に退屈なのでは?と思ってしまいそうですが、全くもってそんな事はありません。

確かに大枠で観ると、起こっている出来事は同じ、文字に起こすと同じ事を三回書くような内容になるんですが、細部の出来事や映像の捉え方、言い回しは全く異なります。

つまり、同じ出来事の中でも各キャラクターから観た「真実」の違いが強調されるように、超絶手際良く撮られていて、そこにある僅かな違いが全体の物語の印象や観る側の感情を大きく振り回す為、スリリングな映画になっているんですよね。


具体的には大きく2点の面白さがあって、

一つは、各キャラクターに感じる印象や見え方が、章が変わる事にどんどん変わっていく。そこには共通してずっと胸が苦しくて辛いんですけど、その辛さのベクトルの変化や、共感と軽蔑を行き来する各キャラクターへの感情の振れ幅が、めちゃくちゃ面白い。

もう一つが、キャラクター自身がこの争いに感じてる主題や世界の見え方が違う為、三章それぞれで観る側も異なったテーマの映画に受け取れるってのがめちゃくちゃ面白かったです。
特に三章目の、ある人物から観た世界ってのが、一章と二章では見えてなかったこの世界の残酷さが前に出てて、本当辛かったですね。


そしてクライマックス決闘。

主には最後の視点を持つ人物に最も共感しつう、各人物に共感と軽蔑の両方の視点を持った上で見ている為、血液が沸騰した。

よくよく考えると、本作で扱う「主観の危うさや不完全さ」ってのは、ちょくちょくリドリー・スコットが扱うテーマなのかなと思っていて、例えば全てを理解できない事の怖さを描いた『悪の法則』なんかを連想しました。


また、アクション演出も上手くて、流石リドリー・スコットな重厚感と肉感のあるアクションが、この物語の重さや不条理さを強調していて、めちゃくちゃ良かったですね。


そしてもう一つの魅力が、「決闘裁判の在り方」や「男女の在り方」含めた、価値観の現代とのギャップです。

その在り方に、第一章や第二章で誰も疑問を持たないし、観る側も「そういう価値観の時代ね」なんて観ていたところ、第三幕でのカウンターパンチだったので、衝撃を受けました。

この時代の価値観を楽しみつつ、現代にも通ずる「そういう物だよね」に埋もれた問題提起までする。

また凄い傑作をリドリー・スコットが作り出してしまいました。

  1. 2021/10/27(水) 00:13:57|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://n8ryt.jp/tb.php/258-c6a5a1f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)