シネマ・ジャンプストリート

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

☆9 『ボクたちはみんな大人になれなかった』

『ボクたちはみんな大人になれなかった』



~あらすじ~
1995年。佐藤(森山未來)は、文通相手のかおりと原宿のカフェで会う。「君は大丈夫だよ。おもしろいもん」と言われ、普通じゃない自分を目指していた佐藤は、その言葉を支えにテレビの美術制作会社で懸命に働きながら小説家を目指す。その後かおりが去り、小説家にもなれなかった彼は、テレビ業界の片隅で働き続けていた。バーテンダーのスー(SUMIRE)との出会い、恋人の恵(大島優子)との別れなどを経て、気が付けば佐藤は46歳になっていた。(シネマトゥデイ引用)





9/10★★★★★☆☆☆☆

以下 レビュー(ネタバレなしです!!)

【作品背景】

11月5日に劇場公開、及びNetflixにて全世界同時配信された本作。
元々はウェブメディアの連載によって話題になり、2017年に書籍化されベストセラーになった、作家名「燃え殻」による同名小説の映画化になります。

監督を務めるのは、サカナクションやAKBグループなどのミュージックビデオを手がけた映像作家の森義仁さん、ドラマではテレビ東京のドラマ『恋のツキ』を撮った歴がありますが、長編映画としては本作が監督デビュー作になります。

キャストが、6月21日から1週間毎に公式SNSで1人ずつ順次発表され話題になりました。
『アンダードッグ』や『モテキ』などの森山未來が主演を務め、伊藤沙莉、東出昌大、SUMIREのほか、大島優子、萩原聖人らが出演しています。



【感想(ネタバレなし)】


自分の中に閉じ込めていた感情が、攪拌される感覚で、めちゃくちゃ面白かったです。


本作、どういった映画がなんですが、
気がつけば未婚のまま46歳になっていた森山未來演じる佐藤が、「何故自分はこうなったのか...」とばかりに、20歳を超えた所からの25年間を、【逆再生】で振り返りながら描いていきます。

2020年の今から始まり、中年に差し掛かった2015年、大震災の直後の2011年、若者であった2000年代、価値観の創世記となった90年代後半...といった形で「時代の変化」と「彼自身の変化」を巻き戻しながら捉えていく作りになっています。

そんな構成の為、凄く結びつきやすいのが、同じく今年度公開された菅田将暉と有村架純W主演の『花束みたいな恋をした』。

確かに非常に共通項が多い作品になのかは、間違いないです。

両者とも「今」から「過去」を見つめる描き方をする事で、観る人にも侵食して、その結果「自分の物語」を思い出させノスタルジーを感じさせる映画になっています。

また両者とも年代は違えど、「時代の変化」を映像に閉じ込めた作品になっていて、『花束~』は2015年からのカルチャーを中心に、本作は90年代後半からのより生活に紐付いた要素を中心に、劇中の空間を作り上げる事で、「自分の物語」と「時代性」の二つのノスタルジーを同時に想起させる映画になっています。


そんな中で、決定的に違うのが二つあります。


一つが「過去を振り返る語り口」にあります。

『花束~』は一度出会いという物語の始まりに戻ったら、そこからは一方通行の再生のみで、現在まで続いていく作りになっています。

一方で本作は、先述したように、時間の近い側から少しずつ昔に戻っていく【逆再生】で語られていきます。

それによって、年代による彼の変化を、その後で描かれる更に過去の要素で回収され紐解かれていくという描かれ方をしていて、ミステリー的で面白い。

肝心なのは表面的な面白さだけでなく、観ている側の感情を動かす意味でも、めちゃくちゃ機能してるんです。

少しずつ過去に戻っていくという事は、人生が積み木だとすれば、一番上から外していく事。
そんな過去の「重大な出来事」を上から一つずつ外していく事、そしてそこへの繋がりが下の積み木から見つかる事...それが続いていく事によって、結果として「重大な出来事」の連続性のある積み重ねが今を作り上げている事が強調され、めちゃくちゃズシっとくる。


そして、もう一つの『花束~』との違いが、過去を見つめる眼差しの違いなんですよね。

本作は、「普通になりたくない」ってのがキーワードとして出てくるんですが、そこからくる過去の「拗らせ」、そして「苦さ」と「後悔」の視点があって、それが居た堪れなくて、めちゃくちゃ好みてました。

そこで一つ凄いなと思ったのが、ただ単に主人公の「行動」や「人生」に決して共感してる訳ではないんですよね。

映画で描かれるテーマ性に対して、「ある人の言葉に影響を与えられて過剰に拗らせた過去と、そこから繋がった今」とか、「そこにある恥ずかしさや愛おしさ」含め、自分に置き換えて感情レベルで重ねながら見ちゃう。

それがめちゃくちゃ凄くて、言い過ぎかもしれないですけど、魂レベルで震えちゃいました、


忘れられない映画の一つになりました。

超オススメです!!


  1. 2021/11/10(水) 13:19:54|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://n8ryt.jp/tb.php/260-fc079903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)