CINEMAチャンネル 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

55『デスノート Light UP THE New WORLD 』君の名は?

なんでよ。

超人気コンテンツの続編映画
『デスノート Light UP THE New WORLD 』



~あらすじ~
デスノートの力で多数の凶悪犯を破滅させた夜神月と、彼を追い詰めた天才Lの伝説のバトルから10年の歳月が経過。またしても死神がデスノートを下界にまき散らしたため、世界中が混乱していた。夜神総一郎が設立したデスノート対策本部は健在で、キラ事件を熟知する三島(東出昌大)をはじめとする特別チームが事態を注視しており……。
(シネマトゥデイ引用)






☆☆☆☆☆(55/100)
以下 レビュー(核心のネタバレなし)
少年週間ジャンプでカルト的な人気を誇った漫画「デスノート」シリーズ。
映画にドラマと映像化作品がある中で、比較的好評な映画2本の完全新作となる後編です。
原作のエッセンスを抽出しながらも、2本の映画という枠内に納める為に必然のある改変を加えて見事にまとめきり、原作ファンからも一定の評価(むしろこれ以上望むのは難しいのではないか...)を得た映画から、10年ぶりの続編になります。
ちなみに、私自身のモチベーションはといいますと、漫画のL編や映画旧2作は学生時代に大好きになりまして、その続編という事で多少の不安はあれども、発表されてから楽しみにしていました。

監督は『図書館戦争』や『アイアムアヒーロー』の佐藤信久監督。
脚本は真野勝成さん。刑事物の連続ドラマを一部担当してたりしますが、長編映画では初の脚本ですね。
そして、出演陣が豪華。池松壮亮、東出昌大、菅田将暉という若手演技派(?)俳優と言われている方々総動員。
そこに、旧シリーズから戸田恵梨香も参戦です。
内容はというと、シリーズ空白の期間同様のキラVSL事件から10年後、死神大王の後継者選びとして、デスノートが地上に6冊ばらまかれます。
「6冊集めた物についた死神が次の大王だ」と。
まったく迷惑な話ですが、キラを継ぐ者、私利私欲に使う者、使わない者...様々な所有者が出現し、再びデスノートに怯える世界が始まります。

はじめに言ってしまうと、デスノートの続編とされた本作ですが、はっきりガッカリしました。
ですが、良い所も少なからずあるので、先にそちらに触れておきます。
まずこの映画がそこまで評価を落としていない理由は間違いなくこれでしょうが、
映画としてのルックが本当に立派。
これは、佐藤信久監督の映画ほとんどに当てはまるのですが、日本映画独特のスケール大きくしたのは良いがそれが逆にちゃっちく見える ってのが一切感じません。
特筆すべきは死神。死神がほとんで出てこないっていうのは不満に繋がる所ではあるのですが、そう感じさせるほどCGで作られた死神達は、魅力的なんです。
また俳優陣、特に新Lを演じる池松壮亮とキラを崇拝する菅田将暉の存在感は流石でした。
彼らのパフォーマンス込みで、不思議と立派な映画になっちゃってるんです。

また、メインストーリーではないのですが、戸田恵梨香演じるミサミサ周りのストーリーは、かなりぐっと来ました。
前作を見ていれば間違いなく彼女のアナザーストーリーは、心に突き刺さるはずです。
そんなにも夜神月の事が...
正直ここだけで一本の映画にしてしまったら良かったのに...と思う程でした。

さて、心を鬼にして...ガッカリな所を上げていきます。
まず、敵のハッカー?ハッキング能力が無敵すぎやしませんか。
そもそもなぜ敵があれほどまでに夜神月の事を知っているのだろう?こちらの次元で漫画をみたのでしょうか??
いつの間にか前提の情報として強引に話進めてる所が、凄すぎるんですけど。
対する、警察や一般市民ですが、いや敵も画面に出てくる時はですが、本当アホ過ぎです。
冒頭からもう、、、
群衆で動けないシーンは本当にやめて欲しいです。
また、なんでそんな簡単に死ににいくの。と思ってしまうシーンが数知れず。

デスノートシリーズの醍醐味といえば、もちろん心理戦なんですが、それが今作には全くない。
いや、辛うじてあるかもしれませんが、前述の敵の強引な能力含めてみると、心理戦にさ見えません。
正直、この映画にLは必要だったのでしょうか??
終わり方、投げ出し方もめちゃくちゃです。
全然しっくりこない....それになんだよSATって!!
また原作ファンとしてさ、Lやキラの素顔が晒されるのも腹立たしい。
一応、ある意味閉じて終わっていた、「夜神月へ愛があったキラ後の世界」への冒涜ではないでしょうか。
そもそもデュークはそんな事しませんしね。

見ている最中はもっと言いたい事があった気がしますが、忘れました。
前作は原作ファンにもオススメ出来ましたが、今作は原作ファンも前作映画ファンも見ると後悔すると思います。
一方で、全て未見の方は楽しめるのではないでしょうか?

さて、来年後悔のハリウッド版デスノートはいかに...




ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ
  1. 2016/11/20(日) 14:44:49|
  2. 2016年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://n8ryt.jp/tb.php/81-e4698ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)