シネマ・ジャンプストリート

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

☆8『オキシジェン』傑作ワンシチュエーション・スリラー

『オキシジェン』



~あらすじ~
目を覚ますと、極低温装置の中にいた女性(メラニー・ロラン)。自分が誰なのか、どうして装置内に閉じ込められているのかといった記憶がまったく無いことに、彼女は激しく戸惑う。酸素が次第に減少していることに気づいた彼女は、記憶を取り戻そうとしながら脱出するすべを見つけようとする。

8/10★★★★★☆☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
『ボーンズ』や『ルイの9番目の人生』など、野心的な作品を手がけるアレクサンドル・アジャ監督の最新作。ほぼ100分独演で治療用ポットに閉じ込められた女性を演じるのは、『複製された男』や『6アンダーグラウンド』のメラニー・ロラン。

目が覚めたら密室の治療用ポットの中。
自分が誰なのか、何故ここにいるのか分からない...そんな中で唯一分かるのは、酸素が無くなりつつある事...
「え...誘拐されて、放置された!?!?」
ポットに搭載されているアシスタントAIとの会話を通し、外部とコンタクトを測って助けを求めたり、自分が何者なのかを調べていくと...驚愕の事実に辿り着いていきます。

そもそもワンシチュエーション・スリラー大好物人間なんですが、この手の映画の肝といえば、いかに緊迫感を引っ張れるか。そういう意味でも、本作は満点に違いんじゃないかと思います。
酸素が無くなっていく状況=タイムリミット設定の中で、信じられる情報が何もないと言う所が非常に上手く活きていて、AIを通して得られる情報や何とか接触出来た人の存在、更には蘇ってきた自分の記憶など、全ての情報の信憑性に疑いを向けられる構成になっており、それによる状況の推理が二転三転する展開に、全く飽きさず引き込まれ続けました。

更に、治療用ポット内という設定も上手く活かされています。酸素が無くなっていく中で、強制治療モードみたいなのが発動されたりして...
痛々しい場面も多々ありながら、タイムリミットに対して入ってくるポット側からの横やりが非常にフレッシュですし、時には合理的故に矛盾ある治療提案なんかしてきたり笑えるシーンもあって良かったです。

この映画自体、当初の「え...誘拐!?」ってところに対して、結末が「そういう話!?」という驚愕の方向に向かって行くのですが、ここではその内容は記載しません。
どれだけ引き込まれ続けたかによって、ポジティブな驚きになるかネガティブな驚きになるか、人によって変わるのではないでしょうか。ちなみに、私は「ヤベェ映画観た!最高!!」とめちゃくちゃポジティブに驚愕の結末を受け入れました。

ただし...
アシスタントに展開上都合の悪い情報を答えさせないなど、ご都合主義的な要素も多い作品なのも確かです。
ですが、個人的にはそんなの気にならないくらい、のめり込みました!

全ワンシチュエーション物が好きな皆さん、オススメです!!


ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ

  1. 2021/06/06(日) 22:47:15|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆7『くれなずめ』ち○ちんには敬意を払えよ!

松居大悟監督×ノスタルジー映画と見せかけて...

『くれなずめ』



~あらすじ~
高校時代に帰宅部だった6人の仲間たちが、友人の結婚披露宴で余興をするため5年ぶりに再会。久々に出会ったアラサー男たちは、披露宴と2次会の間の中途半端な時間を持て余しながら、青春時代の思い出話に花を咲かせる。彼らは今までと変わらず、これからもこの関係は続いていくのだろうと思っていたが、ある出来事が起きる。
(シネマトゥデイ引用)



7/10★★★★★☆☆
『君が君で君だ』や『バイプレイヤーズ』の松居大悟監督の最新作。主宰する劇団「ゴジゲン」のオリジナル舞台劇を自ら映画化した作品。『窮鼠はチーズの夢を見る』などの成田凌が主演を務め、『アンダー・ユア・ベッド』などの高良健吾や若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹らが脇を固める。

帰宅部6人が友人の結婚式で再開し、余興を披露する。学生時代を思い出すノスタルジー映画かと思いきや、2クセ3クセある狂ってる映画でした!(褒めてます!)

本作で少し話題になったのが、予告で明かされる「ある要素」。ネタバレじゃね?と。しかし、本作を見ると、むしろ「ある要素」を知っている前提で作られてる事に気がついていきます。
昔を懐かしんで、わちゃわちゃしてるように見えて、感じる奇妙さと違和感があるのですが、その理由を推測できる立場でその奇妙さを味わうから楽しい、そんな映画になっています。

そしてそんな奇妙さを楽しんでいると、作品が進むにつれ、この映画は「誰目線」の映画なのかというのが次第に紐解かれていき、映画全体の構造がはっきりと見えてきます。
現実に見えた映画が、「誰目線」の映画なのかが分かるにつれて抽象化していき、最終的にはトンデモ描写に行きつくのが凄まじい映画になっていました。

終盤に行くにつれ顕著なのが、普通の映画だとバシッと決まる所が決まらないし、感動させそうなところが感動させてきってくれないし、終わりそうなところでも終わらない。
凄い「。」を打つことを嫌がって、のらりくらり演出していて、それがテーマにも帰着してて青春の一つの良さを感じさせてもくれます。
全く予想できない方向に転がりながら、のらりくらり終わらない。なるほど確かにこれは「くれなずんで」やがる。

俺もくれなずみてぇー!


追伸...

YouTubeはじめました。
もし良かったら、みて下さい^_^


【NISHIKIの映画の部屋】
https://youtu.be/kvlC4rh1PYQ



ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ


  1. 2021/06/02(水) 23:51:49|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆8『ファーザー』多重の魅力に溢れた追体験映画

これぞ巧み。衝撃の認知症体験映画。

『ファーザー』



~あらすじ~
ロンドンで独りで暮らす81歳のアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、少しずつ記憶が曖昧になってきていたが、娘のアン(オリヴィア・コールマン)が頼んだ介護人を断る。そんな折、アンが新しい恋人とパリで暮らすと言い出して彼はぼう然とする。だがさらに、アンと結婚して10年になるという見知らぬ男がアンソニーの自宅に突然現れたことで、彼の混乱は深まる。(シネマトゥデイ引用)


8/10★★★★★☆☆☆

※注意 核心のネタバレはふせますが、情報をいれずに観た方がより楽しめる映画ですので、気になる方はここで引き返して下さい!

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
著名劇作家であるフロリアン・ゼレールが自らの原作を元に監督と脚本を務めた本作。『羊たちの沈黙』などのアンソニー・ホプキンスが父親役を演じ、『女王陛下のお気に入り』などのオリヴィア・コールマンがその娘役を演じる。アカデミー賞主演男優賞を受賞したアンソニー・ホプキンスがキャリア最高の演技と称えられている一作です。

やべぇ映画を観たよ!

アンソニー・ホプキンスが演じる父親の、自宅での日常を捉える所から始まる本作。しかし、何かがおかしい...つい先程まで観ていた「過去の事実」がまるで嘘のように「今の事実」がねじ曲がっていく。
その戸惑いは彼自身も同じく感じており、つまりこの映画は、認知症の彼の認識がそのまま映像化されれた驚きの構造を持った映画になっています。

そんな認知症の主観を追体験させるような構成が提供する魅力は、只ならぬ物を見ている...そんな映像的快楽を感じさせる事にとどまりません。認知症の居た堪れなさを体感させると共に、終始不穏で宙吊り状態なサスペンス的な面白さまで感じさせる、めちゃくちゃ多重的な魅力ある映画になっています。

実力の無い人が安易にこの構成の演出をすると、意味のわかんなさだけが残る、散らかった映画になりかねないところ、そうなっていないのは劇作家フローリアン・ゼレールの監督としての手腕なのは間違いない?
一見舞台向きなストーリーと構図ではあるんだけど、「セットが次第に...」など、完全に映画的に計算し尽くして画面を作っている事がわかります。

そしてなんと言ってもアンソニー・ホプキンス、素晴らしいよ、素晴らしすぎる。アカデミー賞主演男優賞は授賞式でバタバタしたけど、これは取るべきして取ったでしょうと。身体を張るでも、イメージを変えるでもなく...只々素晴らしい演技で体現しています。
頑固なんだけどキョドってる感じとか説得力満点だし、ラストの演技もほんと凄まじく、見惚れてしまいました。

ぐうの音も出ない、オススメです!


ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ



  1. 2021/05/28(金) 19:53:39|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆7『ジェントルメン』手際良さ際立つオジサンエンターテイメント

ガイ・リッチー節×豪華なおじさま

『ジェントルメン』




~あらすじ~
イギリス・ロンドンの暗黒街。一代で大麻王国を築き上げたマリファナ王のミッキー(マシュー・マコノヒー)が、総額500億円に相当するといわれる大麻ビジネスの全てを売却し引退するという情報が駆け巡る。そのうわさを耳にした強欲なユダヤ人大富豪、ゴシップ紙の編集長、私立探偵、チャイニーズマフィア、ロシアンマフィア、下町の不良たちが、巨額の利権をめぐって動き出す。(シネマトゥデイ引用)


7/10★★★★★☆☆
『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』『スナッチ』『アラジン(実写版)』のガイ・リッチー監督の最新作。マシュー・マコノヒーやチャーリー・ハナム、ヒュー・グラント、コリン・ファレルなどの豪華な面々が顔を揃えます。

帰ってきたガイ・リッチー節!大好き!!

大麻ビジネスの所有を巡る、悪いおじさんたちによる争奪戦。
ガイ・リッチーといえば近年の『アラジン』や『シャーロック・ホームズ』なんかが有名ですが、彼の出世作となった『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』『スナッチ』の彼独特の語り口に原点回帰した本作です。

スクープを持ちマフィアをゆすりに行く記者の語りをベースに、それを回想形式で映像に落として進んでいくのですが、「巻き戻し」あり「画角いじり」あり何でもありで、語っている側の視点で編集&再生していく独特な語り口が、うわーガイ・リッチーだな!という感覚がビンビンでまず最高でした。

そんな語り口の中で展開されるストーリーも、ガイ・リッチー感全開なんです。複数のわる~いヤツらが群像的に暗躍し、接点が生じる事で予定外な出来事に発展していく... そんな入り組んだ物語構造を手際良く展開していくのは流石ですし、群像劇の中での予期せぬ出来事から、ストーリーが横滑りしていく面白さと、そこで踊らされる登場人物の間抜けが凄い魅力的な映画になっています。

一方で原点の作品群と違うのが、それら作品では予定外の出来事の「起点になる若い連中」をメインに据えていた一方で、本作は「翻弄される中年」の側の話になっています。
これはガイ・リッチーの映画界での立ち位置の変化をトレースしていて、面白いなと感じました。

「おじさん、ちょっとテンパっちゃったんだ...」「おじさん、丸くなった風だけど本気出すとやばいんだぜ?」
そんな面白さ、好きなシーンもてんこ盛り。

キャラクターの魅力も立ってます。
内心煮えたぎる静かなるドンなマシュー・マコノヒー、優しそう故に実はヤバそうに見えるチャーリー・ハナム、肝の座った小物なヒュー・グラント。
全員最高なんだけど、中でもコリン・ファレル演じるトレーナーが大好き。若いやんちゃなボクサー達の良き師匠でありながら、実は悪事に対しても理由があれば躊躇なくやるというキャラクターがめちゃくちゃ魅力的でした!

ガイ・リッチーだからこそ可能な、独特の語り口による群像エンターテイメント、オススメです!!


ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ



  1. 2021/05/19(水) 18:17:39|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆9『ミッチェル家とマシンの反乱』最高でした。

フィル・ロード×クリストファー・ミラーコンビのプロデュースアニメ。

『ミッチェル家とマシンの反乱』



~あらすじ~
映画学校に合格し、実家を出て新生活を送ることになったちょっと変わり者のケイティ・ミッチェル。家族の絆を深めようと、彼女を見送るロードトリップを父が計画する。気乗りしない上に気まずい雰囲気の中で出発すると、ミッチェル一家は突如勃発したロボットの反乱に巻き込まれてしまう。人間を捕獲すべくスマートフォンや家電製品までが牙をむく中、変わり者ぞろいの一家は人類を救うため立ち上がる。(シネマトゥデイ引用)

9/10★★★★★☆☆☆☆

以下 レビュー(核心のネタバレなし)
『LEGO(R)ムービー』シリーズ、『スパイダーマン:スパイダーバース』、『21ジャンプストリート 』など、アニメから実写コメディまで今やハリウッドNO1信頼度の仕掛け人フィル・ロード×クリストファー・ミラーのコンビが仕掛ける最新アニメーション。『21ジャンプストリート 』は当ブログ名の由来に使わせてもらったり、『スパイダーバース』はその年のマイナンバー1に選ばせてもらったり、大大大好きなコンビです!
その2人が今作ではプロデュースにまわり、新生マイケル・リアンダがメガホンをとります。

いやー本作も最高でした!!!

『スパイダーマン:スパイダーバース』では、アメコミコミックの世界観がアニメーションにそのまま落とし込まれたような、超デフォルメアニメーションが斬新で面白かった訳ですが、本作はそれが落書きによる超デフォルメに起き変わったファミリームービーです。

拡張された過剰な情報量が、映画全体の世界観やリアリティラインを構築して、それをベースに突っ走っていく所は本作も健在でした。
本作のロボットが暴走する世界観や家族が抱える問題と個々のパーソナリティを定義するだけではなくて、落書き含めて現実を超越したリアリティラインが巧みに前半で定義され、そしてその超デフォルメなリアリティライン上で一気にテンションがドライブしていく後半、伏線の回収も見事で感情が大大大爆発しました。

好きなシーンが山ほどある。
ファービーの...、いっぬーの目が... 母の覚醒... ファミリーヒーロー結成の瞬間...
最高だ!!
本来なら突っ込みどころの筈の展開も、逆に楽しめちゃうような要素になっていくから、面白さのドライブが止まらない止まらない。
突っ込みどころが好きなシーンに変わる、フィル・ロード×クリストファー・ミラーのコンビの稀有な作家性ですね。

そんなデフォルメされたアニメーションと怒涛の畳み掛けの中で、展開される家族の物語もグッときちゃうのがまた凄い。
親を疎む子と子離れ出来ない親、片方だけでなく両方の成長があっての着地になっていくのが良くて、普通に普通に泣いちゃったよ。

滅茶苦茶な展開が加速していくにつれ、無茶苦茶にテンションが上がっていく、無茶苦茶な劇薬アニメ。

マジ最高じゃねぇか!!オススメです!!


ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ

  1. 2021/05/14(金) 13:27:54|
  2. 2021年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ