CINEMAチャンネル 映画のブログ

劇場公開映画を中心にレビュー 映画の良さと個人的感想を。

90『スパイダーマン:スパイダーバース』史上最高のスパイディ達

アメコミin映画の大発明にして、完成度も極上の大傑作!

『スパイダーマン:スパイダーバース』



~あらすじ~
ニューヨークのブルックリンで名門私立中学校に通うスパイダーマンのマイルス・モラレスは、自分の能力をコントロールできなかった。ある日、時空がゆがめられた衝撃で、それぞれ異なる次元にいたスパイダーマンたちが集まってくる。
(シネマトゥデイ引用)








⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐︎⭐️⭐️
(90/100)

以下 レビュー(核心のネタバレなし)


○まずは作品について

いきなり、本作とは関係ないですが...
つい先日、ズートピアやシュガーラッシュで監督を務めたリッチ・ムーアが、ディズニーからソニーへ移籍する事が発表されました。
本作の出色の出来に加え、ソニー・ピクチャーズ・アニメーションの反撃ここに始まるって感じで、楽しみですね。

話を戻すと、
『レゴ・ムービー』や『21ジャンプストリート』のフィル・ロード&クリス・ミラーが製作主導、脚本を執筆し、ボブ・ペルシケッティら三人の共同監督で制作した本作。
ロード&ミラーがかなり細部まで関わってるって事で、案の定情報量が怒涛の勢いで襲いかかってくる、まあトンデモない映画になっていました!!



○ここから感想(ネタバレなし)

兎に角面白い!!!

複数のスパイダーマンが登場するアニメーション??
聞いた当初は、MCUにスパイダーマンが取られて、苦肉の策で出来る事を練り出してみました...
って印象で、正直期待してませんでしたが

ごめんなさい!!!

まず、大発明なのがアメコミの世界観をそのまま落とし込んだ映像に尽きるのではないでしょうか。
文字表記の効果音もろとも、アメコミの世界観×アニメならではのテンポ感とエモ表現で、怒涛の映像の洪水として溢れ出てきます。

また話題となっている複数のスパイダーマンの登場に関しても、一捻りも二捻りも練られています。
単なるキャラクターの融合に留まらず、絵のタッチレベルから多次元の世界観が融合していくビジュアルの作り込みには驚愕します。
またスパイダーマン映画では、「もういいよ...」感のある紹介パートですが、逆にその特性を活かすあえてループさせつつ多次元の旨味を足していくシーケンスが本当最高で最高。
ストーリーを進める毎に、旨味が後出し的に広がり無限にテンションがドライブしていきました。

肝心のストーリーは、初心者ヒーローであるマイルズが真のヒーローを継承する物語になっています。
「人と違う事」は与えられたギフトであり、それを活かしてヒーローになれるかは「勇気」で決まる。
勇気こそが、ヒーローになれるかの決め手になるという普遍的なメッセージは、とうの昔からスタンリーがアメコミに持ち込んだ価値観なんですよね...
特にスタンリーが亡くなった今、改めて彼の偉大さを噛みしめる事ができる一作でもあります!



ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ




  1. 2019/04/15(月) 00:35:43|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

85『グリーン・ブック』オスカーは伊達じゃない

『グリーン・ブック』



~あらすじ~
1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、クラブの改装が終わるまでの間、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手として働くことになる。シャーリーは人種差別が根強く残る南部への演奏ツアーを計画していて、二人は黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに旅立つ。出自も性格も違う彼らは衝突を繰り返すが、少しずつ打ち解けていく。
(シネマトゥデイ引用)








⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐︎⭐️
(85/100)

以下 レビュー(核心のネタバレなし)


○まずは作品について

祝、アカデミー作品賞受賞!!

先日のアカデミー賞にて『ROMA』との一騎打ちを制し、見事作品賞を受賞した本作。

監督は、『メリーに首ったけ』など、がっつりコメディ畑なピーター・ファレリー。
正直、初めはこの監督の作品がオスカー候補!?なんて思っちゃってましたが...ごめんなさい!

主演のガサツなイタリア系白人の用心棒トニーを務めるのは、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『始まりへの旅』のヴィゴ・モーテンセン。

彼が護衛する天才ピアニスト、ドクター・シャーリーを演じるのが、マハーラシャ・アリ。
アカデミー主演男優賞を獲得した『ムーンライト』に続き、一年空けての助演男優賞受賞... 新たなアイコンとして彼の演技には今後も大注目です!




○ここから感想(ネタバレなし)

白人と黒人の交流、友情...

本作はそんな、一言で片付けられない、いや「片付けてはいけない」というメッセージが滲み出る映画になっています。


その原点にあるのは、複雑で豊かな人間描写です。

白人であるトニーが貧困層で、
黒人のシャーリーが富裕層。


我々が持つ60年代の一般的なイメージとして、どのカテゴライズにも完全には当てはまらないキャラクター像が非常に興味深く、キャラクターの深みを生んでいきます。


黒人に対して差別的行動をとる反面、彼自身がイタリア系の移民であったり、情の熱さは人一倍ある用心棒のトニー。

一方、自身も白人や貧困層に偏見を持ち、黒人に対しても距離を取っているピアニストのシャーリー。

複雑でカテゴライズ出来ない彼らですが、自らする側としても、周囲からされる側としても、カテゴライズによって人生を窮屈にしてしまっています。

特にシャーリーは、人種による差別だけではなく、次第にその構図から外れた者としての差別も受けている事がわかり、「居場所のない」彼の出生に胸が締め付けられました。



そんな多面的に抑圧された人物造形ですが、二人の旅路は非常にユーモアに溢れています。

道中のユーモアや現地の差別へ対応を通して、次第に二人の距離感の変化、お互いが気づき、理解していく過程を極めて豊かに描いくのです。

初めは相手に対してカテゴライズしていた二人が、いつの間にか一人の人間同士として助け補い合い...最終的に助けを求め合える関係になっている様子に、涙が止まりませんでした。

カテゴリー分けなんて、何の意味もない。


人と人の交流の豊かさや可能性が、心に染み渡りました。




俳優陣も素晴らしい!

アカデミー助演男優賞を受賞したマハーラシャ・アリの品と孤独と実在感を両立させた演技は言わずもがな素晴らしい。

それ以上に個人的には、ヴィゴ・モーテンセンの粗暴なんだけど悪い人じゃない演技が大好きでした。



アカデミー作品賞も大納得の、心の奥底に染み渡る素晴らしい作品。
ぜひ映画館で見てください!!超オススメ!!!

  1. 2019/03/23(土) 13:59:38|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

75『ファースト・マン』作家性!

『ファースト・マン』



~あらすじ~
幼い娘を亡くした空軍のテストパイロット、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)は、NASAの宇宙飛行士に応募し、選抜される。彼は家族と一緒にヒューストンに移り住み、有人宇宙センターで訓練を受ける。指揮官のディーク・スレイトン(カイル・チャンドラー)は、当時の宇宙計画において圧倒的優位にあったソ連も成し得ていない月への着陸を目指すと宣言する。
(シネマトゥデイ)




⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐︎☆
(75/100)

以下 レビュー(核心のネタバレなし)


○まずは作品について

『セッション』『ラ・ラ・ランド』 と、34歳にして超一流監督の仲間入りを果たしている天才映画監督、デイミアン・チャゼル監督の最新作。

学生時代からジャズなどの音楽に精通しており、音楽を題材にしたボクシング映画の『セッション』や、古き良きミュージカルの現代アップデート『ラ・ラ・ランド』など、前面に音楽を押し出した映画で、作家性を発揮してきました。

対して、本作はチャゼル監督始めての伝記映画。
初めて月に上陸した男、ニール・アームストロングの半生を描きます。
フィルモグラフィからは「ジャンルのミスマッチ」のように感じるのですが、果たして...

また、そのニール・アームストロングを、『ラ・ラ・ランド』てコンビを組んだライアン・ゴズリングが演じるのにも注目です!


○ここから感想(ネタバレなし)

人類で初めて月へ行き、上陸し、帰還したアームストロング船長。

「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」
彼の月での第一声は余りに有名です。

そんな彼が地上で何を経験し、船内で何を観て聞いて、月はどう見えたか...

良くある伝記映画とは一線を画すのが、この映画に映される全てが、アームストロング船長の主観に徹底して寄り沿い、観客もろとも彼の半生と月へ行くまでを追体験させるのです。

カメラワークは寄りのショットを多用し、観客が状況を完全に把握させる事を阻害します。

音使いへのこだわり、中でも宇宙船内の軋む金属音が非常に効果的で、主観体験を底上げ。

途方も無い宇宙空間なのに、印象としては圧迫感を強調する演出は新鮮であると同時に、心的描写としてこれこそリアルだと突き刺さりました。
(そして、それが解放される「あるシーン」。ここの演出は神!)


また、物語部分も同様で、徹底して主観に拘っています。

他者への説明の為の整理されたプロットではなく、自身に記憶されるシーンを切り取って映像にしています。
その為、ある意味では「時間の流れが不自然に感じる」のですが、そんな伝記映画としては不親切な語り口からも、この映画のテーマを感じ取りました。


これら徹底した一人称で語るアプローチは、「ラ・ラ・ランド」「セッション」の主観過多なチャゼル監督の作家性をよりテーマに直結させた物です。

伝記映画?
チャゼル監督の過去作と違うタイプの映画と思いきや、全然そんな事ない!
最高にデイミアン・チャゼルな映画でした!




ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ


  1. 2019/03/02(土) 17:58:29|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

85『バーニング 劇場版』複数の解釈に対しての奥行き最高

村上春樹原作×イ・チャントン最新作!

『バーニング 劇場版』



~あらすじ~
小説家を目指しながらアルバイトで生計を立てているジョンス(ユ・アイン)は、幼なじみのヘミ(チョン・ジョンソ)からアフリカ旅行へ行くのでペットの猫を預かってほしいと頼まれる。帰国したヘミに旅先で出会ったベン(スティーヴン・ユァン)を紹介されたジョンスはある日、ベンに秘密を打ち明けられ、恐ろしい予感が頭から離れなくなる。
(シネマトゥデイ引用)









⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐︎⭐︎☆
(85/100)

以下 レビュー(核心のネタバレなし)

○まずは作品について

『シークレット・サンシャイン』や『オアシス』、『ポエトリー アグネスの詩』などで世界的評価を得ているイ・チャンドン監督の最新作!

そして原作は...
まさかまさかの村上春樹!
短編小説の「納屋を焼く」の映画化になります。

実は本作は、NHKのプロジェクトでスタートしま物で、先日53分カット版が放映されていました。
(残念ながら見損なってしまった...)

主演を務めるのが、人気俳優のユ・アイン。
人気ドラマ「ウォーキング・デッド」のスティーヴン・ユァンや、新人女優のチョン・ジョンソが共演しています。

去年のカンヌ国際映画祭で、『万引き家族』とパルムドールを競った本作。
一部レビューサイトでは、カンヌ史上最も高い評価を受けるなど、世界中で大絶賛されている事もあり楽しみに観に行きました!





○ここから感想(ネタバレなし)

日の目を見ない生活を送る主人公のジョンスと、どこか幻想的で儚い幼馴染のヘミ。

久しぶりの再会から男女の関係になるのですが、そこに彼等とは正反対の社会的強者ベンが現れる事で、大きく歪が生まれていきます。

そんな彼等三人の言動から、明確には言い表せない不思議な違和感が序盤から膨らんでいきます。

ジョンスの何処か押さえつけている感情、ヘミの飛んでいきそうな危うさ、ベンの洗練されつつもどこかサイコスティックな原動。

村上春樹作品十八番のキャラクターへの理解出来ない違和感が、イ・チャンドン演出により明確に表現されていくのだから、序盤から間違いなく最高なんです。



そんなキャラクターの違和感が、明確な謎と空白へと徐々に変貌していきます。

[何故ヘミは消えたのか?]

[ベンが言う「ビニールハウスを燃やす」は、何を意味するのか?]

[ジョンスの行動は、一体?]

村上春樹作品、これらに対して当然明確な答えを提示しません。

作者すら知らない本性と真実に対して、さぁあなたは、どんな物語を見つけた?」と投げかけてきます。




本作では、そんな村上春樹のオープンエンドな結末に、イ・チャントンの解釈を加える事で、もう一歩先のオープンエンドな結末に落としています。

もう少し踏み込むと...

原作(NHK版)では、ヘミの失踪後に物語自体が進展する事はありませんでした。

真実に対してだけではなく、そこから先の全員の行動に対しても、オープンエンドになっています。

対して本作では、原作でも香る「一つの解釈」の色をより強める方向に、その後の物語が紡がれていきます。

それと同時に「彼の視点」もより強調される魅せ方になっています。

「一つの解釈」は真実なのか主観なのか...
結果的に、彼はある行動を取る訳ですが、この見え方によってラストが一体何を意味するのか、どうとでも解釈を可能にしています。

そして更に!彼が作家である事を原作以上に強調した結果、
[そもそも何処までが現実なんだろうか?]
そんな視点すらも新たに作品に加えられています。

真実か主観か。リアルか寓話か。

2×2の4通りの解釈が可能で、どの切り口であれ掘り下げが可能な細部の描き方がされているのです。




例えば、ヘミが語るGreat HungerとLittle Hunger。
これを、三者に当てはめると...
自分には、ある人物がLittle HungerからGreat Hungerになる物語に見えます。

ヘミの「そこにある事を忘れる」というセリフ。

ジョンスの、ヘミに対する記憶。

ベンが池を眺める所を見るジョンス...の現実かどうかの曖昧な映像。

時計とネコの存在。

「そうと言われると、そういう意味に見える」という描写が細部に転がっており、それらが複数の解釈に対して奥行きを生んでいきます。





村上春樹の世界観を、イ・チャンドンの作家性が広げた素晴らしい傑作!

余韻が最高で、超おススメです!!






ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ


  1. 2019/02/21(木) 22:57:15|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

85『メリー・ポピンズ リターンズ』ディズニー最高のハッピーに異論なし

メリー・ポピンズ リターンズ』



~あらすじ~
前作から20年後、バンクス一家の長男マイケルは家庭を持ち、父や祖父が勤めたロンドンの銀行で働いていたが、大恐慌で経済的に苦しく、妻が他界して家の中は荒れていた。さらに融資の返済期限が迫り、家を失う危機に追い込まれた家族の前に、「ほぼ完璧な魔法使い」のメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が以前と変わらぬ姿で現れる。
(シネマトゥデイ引用)









⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐︎⭐︎☆
(85/100)

以下 レビュー(核心のネタバレなし)

○まずは作品について

1964年に公開され、今もなお愛され続けているディズニーの人気ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』。
当時無名のジュリー・アンドリュースがメリー・ポピンズを演じ、実写とアニメーション、映画とミュージカルという、画期的な融合のアプローチを取られたこの作品は、アカデミー賞を始め数々の賞レースを席巻しました。

そんな原作者P.L.トラヴァースが自らの幼少期の記憶を閉じ込めたこの作品は、ウォルト・ディズニーの猛烈なアプローチの末に映画化されており、その様子は『ウォルト・ディズニーの約束』(←オススメ!)で描かれています。


そんな名作から55年の年を経て公開されたのが、本作『メリー・ポピンズ リターンズ』。

時代設定は、あれから25年を経た大恐慌時代。

監督は『シカゴ』や『NINE』、『イントゥ・ザ・ウッズ』のロブ・マーシャル。
作品の出来はまちまちですが、かなりミュージカルに精通した人選です。

注目なのが、脚本を務めるデヴィッド・マギー。
『ネバーランド』や『ライフ・オブ・パイ』など、現実と空想の融合を描くのに間違いなく長けた脚本家です。

肝心のメリー・ポピンズを演じるのは、『ボーダーライン』のエミリー・ブランド。
確かな演技と美貌を兼ね備えた彼女が、どんなメリー・ポピンズを演じるのか楽しみです。

また、前作で子供だったマイケル・バンクスをベン・ウィショーが、妹のジェーン・バンクスをエミリー・モーティマーが、隣人をリン=マニュエル・ミランダが演じます。

そして勿論、マイケルの子供たちを演じるピクシー・デイヴィー、ナサナエル・サレ、ジョエル・ドーソンの三人の子役にも注目です!





○ここから感想(ネタバレなし)

いんやー素晴らしい!
ディズニー史上最大のハッピーという謳いに偽りなし。

ファンタジーと現実世界の融合といえば、『ジャングルブック』始め、あらゆるファンタジー世界の実写化によって既に有り触れた物になっています。
しかし、本作では未だかつて全く見た事のない、心踊るカットが次から次へとと飛び出してきます。

中でも最も心踊ったのが、アナログの世界感との融合です。

アナログの世界をリアル化しシームレスな現実に落とし込む...なんてのさ良くある手法ですが、本作ではアナログはアナログの良さのまま実写の世界観と融合して見せてるのです。

「二次元の世界へ我々が入っていく...」
そんなシーンが代表する実写へのアナログアニメーションの融合。
それだけでなく、ミュージカルシーンも敢えて「これぞミュージカル!」な演出をそのまま残して実写の世界へ落とし込んでいます。

それによって非現実が際立つことで、終始画面いっぱいの多幸感に満たされてました。

勿論これは、初代『メリー・ポピンズ』同様ですが、当然の事ながら本作がよりビジュアル面で格段に洗練されています。




そんな映像表現と音楽に対して、乗せられる言葉1つ1つに人生のあらゆる教訓が詰まっているのも、一作目さながら。

あくまでメリー・ポピンズは「子供達に対して歌い掛ける」のですが、本当のメッセージはその先の大人へ。

本作の、子供達側から大人側へ帰ってくるシーンには大号泣しました!!




さらにさらに、キャラクターの魅力も抜群です。

ベン・ウィショー演じるマイケルが、本当に素晴らしく共感しっぱなし。
妻を失い、家まで...
息子からのあのカウンターパンチは、そりゃ号泣しちゃうよ。




作品全体を見渡した時の、全体コーディネートも素晴らしいなと。
冒頭の街灯を消す流れからの、終盤への展開は圧巻。

一作目のオマージュというレベルではない、映画全体の構造自体をフル活用した引用の巧みさも、素晴らしい。

構造をなぞるように見せて、物語は活かし、その先を描く...
「数十年ぶりの続編」の作品としては、旨味を活かし切ったパーフェクトな作品と思います。





心の底より、ハッピーにオススメです!!






ランキング登録しました。

気に入っていただけた方は、下記クリックをお願いします^ ^

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画ランキングへ


  1. 2019/02/13(水) 19:26:59|
  2. 2019年公開映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ